« 厚木基地での空母艦載機のNLP、知事の声や住民の生活などは無視して強行。岩国には100番目の民間空港、未だに開港時期定まらず、米側との調整が難航か | トップページ | 報道の限界と良心 権力者に遠慮して真実を伝えられないマスコミの限界。相反する事実を並べることにより、間接的に真実を浮き彫りにするマスコミの良心。 »

2012年5月27日 (日)

政官業もたれあい(5月27日山口新聞「東流西流」への投稿)

政治の問題点の一つは、政治と官僚と業界、三者のもたれあいにある。
原発を例にとれば、あの福島の事故を経験して国民が大きな不安と疑問を抱える中、十分な議論もなされないまま再稼働に向けて手続きが進められている。どうしてそんなに急ぐのか。夏場の電力不足は表向きで、裏には経営上の理由がありそう。原発政策は、都合の悪い事実は隠したまま、お金で住民を分断し強引に進められてきたが、そういう古い手法は一向に変わっていないのである。
残念ながら、今の民主主義は見せかけに過ぎず、いつのまにか、官僚たちの振付けに乗り、業界の意向が優先される。実際には、一部の人たちにより、彼らの利益にために政治が動かされている。
マスコミを通じて流れる政治家の言葉には、いかにごまかしが多いことか。国民は、それに気づき、政治不信が急速に募っている。
合意の難しい問題であればあるほど、お金でごまかすのではなく、正面から市民に向き合うべき。正確な情報を提供し、丁寧に説明し住民の理解を得ること、遠回りに見えても、それが結局は解決の近道。
政官業のもたれあい政治はもはや機能せず、市民の意思がきちんと反映される本物の民主主義が、今求められている。

人気ブログランキングへ

|

« 厚木基地での空母艦載機のNLP、知事の声や住民の生活などは無視して強行。岩国には100番目の民間空港、未だに開港時期定まらず、米側との調整が難航か | トップページ | 報道の限界と良心 権力者に遠慮して真実を伝えられないマスコミの限界。相反する事実を並べることにより、間接的に真実を浮き彫りにするマスコミの良心。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54814868

この記事へのトラックバック一覧です: 政官業もたれあい(5月27日山口新聞「東流西流」への投稿):

« 厚木基地での空母艦載機のNLP、知事の声や住民の生活などは無視して強行。岩国には100番目の民間空港、未だに開港時期定まらず、米側との調整が難航か | トップページ | 報道の限界と良心 権力者に遠慮して真実を伝えられないマスコミの限界。相反する事実を並べることにより、間接的に真実を浮き彫りにするマスコミの良心。 »