« 尖閣問題 | トップページ | 問責決議 »

2012年4月19日 (木)

またまた問責決議、国民を忘れて権力争いばかり

 またまた2人の大臣に対して問責決議が提出され、可決される見込みという。
 持てる最高の人材を集めて内閣を組織するのが政権与党の責任であるが、現実には、派閥やグループの意向が優先され、必ずしも適任ではない人が大臣になることも多々ある。
 その結果が、今回のような混乱を招いているわけであり、野田さんの責任はもちろん重い。
 一方で、大臣の首を取ることばかりに血道を上げる野党のやり方も問題。
 震災復興や原発問題、社会保障、消費税など、大きな課題が山積している。
 つまらない権力争いに時間と労力を空費する時間などないはず。

 Face bookに登録した。まだ使い方はよくわからないが、こうした新しい手段も使って、多くの方と交流してみたい。

人気ブログランキングへ

|

« 尖閣問題 | トップページ | 問責決議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54513481

この記事へのトラックバック一覧です: またまた問責決議、国民を忘れて権力争いばかり:

« 尖閣問題 | トップページ | 問責決議 »