« 市民政党「草の根」の党員資格は、理念と政策に賛同する個人、党費は、年千円 | トップページ | 小沢さんに無罪判決、その力に期待する人も多いが、お金の臭いのつきまとう古い政治を体現するひとでもある »

2012年4月27日 (金)

市民政党「草の根」の考え方の原点は、「ひと」を大切にすること

 すべての価値の源泉は「ひと」にあり、一人ひとりの市民、国民、人間が、「ひと」らしく生きることができる社会。
 我々が、究極的に目指すところ。
 「ひと」を大切にすること、市民政党「草の根」の考え方の原点である。
 新しい市民政党の立ち上げの趣旨、真の民主主義、公平・公正、平和などの基本理念や財政、社会保障、外交・防衛、原発・エネルギーなどの基本政策について説明してきたが、これらすべてが、「ひと」を大切にするという考え方から派生するものである。

人気ブログランキングへ

|

« 市民政党「草の根」の党員資格は、理念と政策に賛同する個人、党費は、年千円 | トップページ | 小沢さんに無罪判決、その力に期待する人も多いが、お金の臭いのつきまとう古い政治を体現するひとでもある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54574312

この記事へのトラックバック一覧です: 市民政党「草の根」の考え方の原点は、「ひと」を大切にすること:

« 市民政党「草の根」の党員資格は、理念と政策に賛同する個人、党費は、年千円 | トップページ | 小沢さんに無罪判決、その力に期待する人も多いが、お金の臭いのつきまとう古い政治を体現するひとでもある »