« 市民政党「草の根」の考え方の原点は、「ひと」を大切にすること | トップページ | 原発と民意を考える場合、まず、理解を得るべき住民の範囲、次に、議論すべきテーマの範囲、2つの視点が必要。 »

2012年4月28日 (土)

小沢さんに無罪判決、その力に期待する人も多いが、お金の臭いのつきまとう古い政治を体現するひとでもある

 小沢さんの裁判で、無罪の判決が出された。
 政治資金収支報告書にウソの記載をしたこと、小沢さん本人も、その報告を受け了承していたことまでは認定されたが、虚偽記載について秘書たちと共謀していたと認められるまでの証拠はないとして、最後のギリギリのところで無罪とされた。 疑わしきは罰せずという原則なのであろう。捜査報告書の偽造という検察側のとんでもない落ち度もあり予想されたことでもあった。
 しかし、収支報告書の虚偽記載はいわば形式犯であり、その裏側にある4億円の動きについて十分な解明が行われなかったのは残念。
 一方で、小沢支持が意外に広がりを持っていることに内心驚きを感じ、不思議な気持である。
 今の政治の体たらくでは、小沢さんの剛腕に期待するのも無理からぬことではあるが、お金を動かし、子分をつくるという手法は、予野党を問わず古い政治に共通するもの。
 既成の政治の離合集散では、結局何も変わらない。

人気ブログランキングへ

|

« 市民政党「草の根」の考え方の原点は、「ひと」を大切にすること | トップページ | 原発と民意を考える場合、まず、理解を得るべき住民の範囲、次に、議論すべきテーマの範囲、2つの視点が必要。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あの方をTVでみるたびに この国の汚さが見えるようです。
私も不思議です。何度も裏切られた議員も時が過ぎれば
なぜか 賛同?どうしてそんなに指示されるのか?
いざとなったら 欠席したり そんな方にどうしてあつまる議員が多いのか?
きっと そうせざるを得ないことがある? そう思ってしまいます。

投稿: 津久井万喜 | 2012年5月 1日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54582001

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんに無罪判決、その力に期待する人も多いが、お金の臭いのつきまとう古い政治を体現するひとでもある:

« 市民政党「草の根」の考え方の原点は、「ひと」を大切にすること | トップページ | 原発と民意を考える場合、まず、理解を得るべき住民の範囲、次に、議論すべきテーマの範囲、2つの視点が必要。 »