« 山口平成維新の会の設立、政治を糾し、真の民主主義を実現することを目的 | トップページ | 原発、民主主義の手順をきちんと踏むべき »

2012年4月14日 (土)

大飯原発再稼働

 政府は、大飯原発の再稼働について、「安全性」を確認し、電力の安定供給のため「必要である」と判断し、地元への説明が始まった。
 安全性も必要性も、専門的な検討が十分でなく、とても国民の理解を得られるものではない。
 仮に、政府がこれで大丈夫だという確信があるのなら、立地自治体だけでなく隣接県なども含めて正々堂々と説明し理解を求める努力をすればいい。
 どうしても理解が得られなければ、自らの判断の誤りを素直に認めて出直す勇気も必要である。
 いくら必要な政策だと判断しても、国民の理解が得られなければ、実施することは許されない。それが、民主主義である。
 「理解を求める」が「同意」は必要ではない。後は、お金でごまかすだけ。
 こんな古いやり方がまかり通るとは、よもや思っていないだろうが。
 ここまで来たら焦らずに、どれ位電力が不足するのか、一旦全部止めてみるのも一つの方法ではなかろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 山口平成維新の会の設立、政治を糾し、真の民主主義を実現することを目的 | トップページ | 原発、民主主義の手順をきちんと踏むべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国破れて山河あり..というが、フクシマのような原発事故が再度起きたなら、国はどうなるか知らないが、美しい山や川は決して元通りにはもどらない。それなのに、事故が起きてしまったら取り返しがつかないことを承知でなぜ性懲りもなく原発を再稼動させようとするのだろう?いまだに、避難を余儀なくされている方もおり、福島第一原発の廃炉でさえ困難極まりないのに本当にどうしたことか。たとえは全く違うかもしれないが、太平洋戦争末期の関東軍の高級将校の一部は、家族ともども飛行機で内地に避難した。そして取り残された将兵はシベリアに抑留されたり、在留邦人の多くが犠牲になってしまった。時代は違うが、今なお、避難されている方々の置かれている状況は、まったく同じではないかと感じる。

投稿: 普通の岩国市民 | 2012年4月16日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54473209

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発再稼働:

« 山口平成維新の会の設立、政治を糾し、真の民主主義を実現することを目的 | トップページ | 原発、民主主義の手順をきちんと踏むべき »