« 原発再稼働、民主主義の手続きをきちんと踏むべき | トップページ | 熱い人 »

2012年4月 8日 (日)

政治家の言葉、理解を求めるとは、実行するということ

 何度も取り上げてきたが、政治家の言葉について。
 「地元の同意は必要ないが、理解を求めていく」
 原発の再稼働に関する記者会見で、官房長官はこのような趣旨の発言をしている。
 「理解を求める」とは、普通の感覚でいえば、相手方が理解し納得することが条件のように思われるが、彼らの意図するところは、まったく違うのである。
 一方的に説明し理解を求めるだけで、地元の意向とは関係なく、時期が来れば政府の意思を実行するという意味である。
 沖縄や岩国の基地問題に関してもよく使われる言葉である。
 言葉を操り国民をごまかす、官僚の得意とするところである。
 大飯原発の再稼働問題が今後どのような経過を辿るか、注視したい。

 7~8年前に友人が植えた桜、見事に咲く
04081

人気ブログランキングへ


|

« 原発再稼働、民主主義の手続きをきちんと踏むべき | トップページ | 熱い人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54425543

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の言葉、理解を求めるとは、実行するということ:

« 原発再稼働、民主主義の手続きをきちんと踏むべき | トップページ | 熱い人 »