« がれき処理 | トップページ | 沖縄海兵隊の岩国移転案が消える? »

2012年3月14日 (水)

沖縄海兵隊の岩国移転案に対する議会決議

 沖縄海兵隊の岩国移転案などに対する決議案をめぐって、岩国市議会と山口県議会において議論が行われているようだ。
 基地問題に関する考え方がまったく違う人たちだから、協議が難航するのも当たり前。まさに同床異夢といったところだろう。
 
 議員になると途端に偉くなった気分になり横柄に振る舞う人がよくいるが、とんでもない勘違いである。
 議会は集合体であり、議会全体の意思を示さなければ存在価値はない。
 譲り合いながら、共通する部分は大切にして、一つの案にまとめる努力をする必要がある。
 そして、一旦全会一致で決議が行われた場合には、それは重いものであり、簡単に変えることはできないはず。このことを忘れてもらっては困る。

梅の花、1ヵ月は遅れている。

0314

人気ブログランキングへ

|

« がれき処理 | トップページ | 沖縄海兵隊の岩国移転案が消える? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

わが身のためには決議を彼方へ置き忘れる議員も多い。寝返る議員もいる。選挙での約束を反古にする議員もいる。決議の重さが分からない議員が多い。
艦載機移駐の反対決議の時のこと。

その場つくろいのためだけの決議なら要らない。決議したら守るという決意も宣言してほしい。

「現状では」の前提が気になる首長の話し。気を抜くことなく注意して見つめよう。

投稿: 清流 | 2012年3月15日 (木) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54223940

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄海兵隊の岩国移転案に対する議会決議:

« がれき処理 | トップページ | 沖縄海兵隊の岩国移転案が消える? »