« 原発停止 | トップページ | 歴史の教科書 »

2012年3月27日 (火)

北朝鮮のミサイル発射問題

 北朝鮮の弾道ミサイルの発射が近付いている。得意の瀬戸際外交であるが、こんなことを繰り返しても、双方にとって何の益もない。
 一方で、核大国のアメリカとその傘の下にある日本が、北朝鮮に核開発の放棄を迫っても、先方からすれば、説得力に欠ける。
 三代世襲はいただけないし近代国家とはとても言えないが、しかし、れっきとした独立国であることもまた事実である。
 制裁をちらつかせて言うことを聞かせようとしてもうまくいかないことは、これまでの歴史が証明している。
 日本などが中心になり、積極的に支援、協力、交流を行い、国際社会の一員として迎え入れる、「北風より太陽」の政策の方が、問題解決の近道ではなかろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 原発停止 | トップページ | 歴史の教科書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

岩国は自民党政権の
制裁で簡単に屈服して
艦載機を受け入れました。
北朝鮮みたいな国は
いくら支援しても無駄なことも
歴史が証明しています。
米国が勝手にテロ指定を
解除しなければ今頃は
消滅していたでしょうね。
日本が北朝鮮に人道的でも
支援すると言うなら
私は納税を拒否します。

投稿: simamoto3 | 2012年3月28日 (水) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54327064

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミサイル発射問題:

« 原発停止 | トップページ | 歴史の教科書 »