« 愛宕山見守りの集い | トップページ | とうとう愛宕山を売ってしまった »

2012年3月22日 (木)

愛宕山が売り飛ばされ、新たな米軍基地が出現する。

 愛宕山が売り飛ばされる。
 自ら山を削り、赤字だ赤字だと大騒ぎして市民県民を不安に陥れ、その実は民間空港との裏取引で、愛宕山を防衛省に売り飛ばし、空母艦載機部隊の移駐のための米軍住宅が建設される。
 10年間も実施されてきた都市計画事業が、山口県によって突然廃止される。
 開発事業の認可が、国土交通省により取り消される。
 愛宕山の中を縦横に走っていた里道が、周辺住民の同意を得ることなく岩国市によって一方的に廃止される。
 このような違法、無法なやり方が堂々とまかり通るようでは、日本は法治国家とはとても言えない。

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山見守りの集い | トップページ | とうとう愛宕山を売ってしまった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

滑走路の時間外運用、
騒音や低空飛行の苦情、
パブリックロードの無断閉鎖など
国や岩国市との協定を米軍が
ことごとく破っても
福田市長は黙認。
米軍に嫌われたくないのか
改善の申し入れさえしない。
フレンドシップデーの
展示飛行の騒音も迷惑です。
普段は米軍の騒音に悩まされない
他所の人のための展示飛行は不要。
交通渋滞も大迷惑。

投稿: simamoto3 | 2012年3月22日 (木) 23時04分

悲しくて悲しくて悲しくて
ため息ばかりです。

投稿: うのっち | 2012年3月22日 (木) 23時46分

自治体の施設に企業名を、全国で見られる。最近では自治体名そのものをいかがですかといわれ始めた。それでもその話は国内への話し。

ところが岩国市は「USA IWAKUNI CITY」の変わりそうだ。今、市街地の25%は米軍基なのに、さらに市の中心地に米軍住宅が建つことになった。その見返りは民間航空機の航路開設。

米軍住宅建設にあたり県と市は国へ見かけだけの注文を出した。その解答は全力で検討する、重く受け止めるなど、具体的な回答はゼロ、官僚だった知事にこの文言の意味するところが分からないはずはない。

タッチアンドゴーの訓練にしても、回答からは訓練地が決まるまでは岩国の可能性がある、ととれる内容。訓練はしない、という回答ではないから。

普天間が解決するまで艦載機移駐は認めないとするが、すでにパッケージは壊れている。住宅用地にどうぞ、と売ってしまえば国が何しようと文句は言えない。

その時、県と市が国へどう立ち向かうのか正しておく必要があるように思う。

投稿: 清流 | 2012年3月23日 (金) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/54284920

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山が売り飛ばされ、新たな米軍基地が出現する。:

« 愛宕山見守りの集い | トップページ | とうとう愛宕山を売ってしまった »