« 減税で岩国を変える!! | トップページ | 沖縄防衛局長の「講話」 »

2012年2月 1日 (水)

市長選を終えて

 ブログを再開する。
 市長選挙を終えて、多くの市民のみなさんのご期待に添うことができず、申し訳ない想いで一杯である。
 そして、愛する岩国の行末が心配である。
 その顛末はおいおいお話するとして、沖縄で事件が起こった。
 沖縄防衛局長が、近く行われる宜野湾市長選挙に関連して、職員に指示を行ったという。
 事実とすれば、公職選挙法の地位利用に該当、明らかな違法行為である。
 これは氷山の一角であり、組織ぐるみでこうした行為が行われているのであろう。
 もちろん、岩国の選挙も同じである。

人気ブログランキングへ

|

« 減税で岩国を変える!! | トップページ | 沖縄防衛局長の「講話」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の市長選、
選挙結果の奇怪な一端が今朝の東京新聞の特報で明らかになった。
矢張り不正な選挙だった。
過去、あらゆる不正を重ねながら岩国市は、岩国市民は、売り飛ばされて来た。

岩国でも選挙関与疑惑 市長選直前 小中校にエアコン
2012年2月2日 東京新聞朝刊
 米軍岩国基地を抱える山口県岩国市で、一月二十九日に投開票があった市長選の直前、中国四国防衛局が市内の全小中学校にエアコン設置を決めていたことが分かった。沖縄防衛局長が宜野湾市長選への投票を呼び掛けた「選挙への関与」が問題化する中で、岩国でも「現職を有利にする事実上の選挙運動ではなかったか」との批判がくすぶっている。 (編集委員・半田滋)
 岩国市へは、米軍再編に基づき、二〇一四年に米空母艦載機部隊が移転する。〇八年の市長選で「受け入れ反対」を表明した現職の井原勝介氏は防衛省から市庁舎建設の補助金を止められ、国と協議すると訴えた新人の福田良彦氏に敗れた。
 福田氏の当選直後、防衛省は市庁舎の補助金支払いを表明。さらに山口県と岩国市が開発に失敗した愛宕山を米軍住宅用地として買い取りを決めたり、米軍再編交付金で小学生以下の医療費無料化を実現するなど、福田市政を支えている。
 昨年十二月、中国四国防衛局は市の要望に応え、基地周辺整備事業の名目で二億四千万円かけて市内全小中学校の教室にエアコンを設置することを決めた。これまでは騒音に悩む基地周辺の学校が対象だったが、騒音とは無縁の学校にも設置する。全校にエアコンが入るのは山口県では岩国市だけだ。前職の井原氏も立候補した一月の市長選では、エアコン設置を含め、四年間の実績を強調した福田氏が圧勝した。
 田村順玄岩国市議は「岩国市が独自にやれない事業を国が次々に実現させている。それも福祉にカネを注ぎ、反対しにくい空気をつくるのが巧みだ。国の意に沿う市長を応援する事実上の選挙運動は日常的に行われている」と批判している。

投稿: 五橋 | 2012年2月 2日 (木) 21時52分

橋下氏は大阪から日本を変えるために国政に進出と言っても人と金は某団体に頼るとかもう滅茶苦茶ですね
政治は日常生活に密着したものだと思っていますので私はこれからも井原さんを支持します!

投稿: simamoto3 | 2012年2月 2日 (木) 23時10分

4年前といい、今回の選挙と言い、防衛省のやることは実に汚い。
このような汚い奴らにこの国が守れるのか!
アメリカの言いなりになる日本、国の言いなりになる福田市長。
福田市長は、柏○や畑○の操り人形という話もあるが

投稿: 正義 | 2012年2月 3日 (金) 00時14分

選挙結果は残念でしたが、良識ある市民には『現状のままの基地依存は反対』の思いは多いという判断をして良い結果と受け止めています。
空港、エアコン…赤字が増える…泣きつく岩国…岩国を売るならもっと大きく売って欲しい。国が国らしく振る舞えるための取引なら誇りを持って受け止めるけれど…このままでは…岩国は主体を失ってしまう。

投稿: 以上でも以下でもない | 2012年2月 3日 (金) 07時18分

県知事になって岩国を守ることは出来ませんか
少なくとも、海兵隊は防衛のための部隊では無く、他国に攻め込むための部隊です。
ベトナム戦争以来、アメリカのやってきたことは、難癖つけて攻め込む事ばかり。
この次はイランが狙われています。戦争補助というのは防衛だとは思いませんし、
そういうことのために岩国が犠牲になるのはどうかと思います。

原発の問題ももし福島で何も起こらなかったら上関に原発ができあがっていたかもしれません。
基地と原発の距離が異常に近いこと、滑走路の向きがもろに上関の方向を向いていること。
これはとても危険だと思います。
福島の原発、水素爆発で壁が吹っ飛びました、一説によれば戦闘機が突っ込んでも原発は何ともないとか
そういうデタラメがまかり通ってきました、しかし現実は、原発建屋の壁の薄さ、その辺の安物マンションとほとんど変わりません

JCO事故の時政府は避難させずに被爆させていい気になっていました、何でもパニックを避けるのだとか???
今回の福島の時も住民に被爆させル事を前提に、避難などをさせないようにしていた経緯があり、水素爆発で
どうにもならなくなり、データーを握りつぶして距離だけで避難地域を決めるなどデタラメもいいところです。
JCOの臨界事故は中性子線なのでコンクリの壁の中に隠れたとしても被爆します。
福島の事故は放射性物質の大量放出であるから風向きで避難すべき範囲が大きく変動します。

また、政権与党である民主党は中核派と日教組が支持団体であり、増税だけが傑出して議論されその使い道については
なにもはっきりしようとしません。
このまま増税すれば、増税分の大半が地方に渡され、それが地方公務員賃金に当てられることになります。
かつて消費税導入、および増税したとき公務員の中でも教員が大幅に収入増になった事実があります。
おそらく今回の増税の本との目的は支持団体の日教組からの要求では無いかと思えます。

中核派と日教組、その人たちは祖国北朝鮮とあがめる人たちです。毎日歪んだイデオロギーの押しつけを子供たちに行っているのです。
原発事故でさえもかれらの歪んだイデオロギー押しつけの材料にされています。

そういう人たちが今政権与党ですから、あの人たちは増税してばらまきでまたもや政権維持をと考えているぐらいのことは見え見えです。

基地問題もあるけれど、グローバルに日本全体を考えてどういうリーダーシップが必要か、ということになると思います。原油特別会計のことはマスコミに口封じしている年か考えられませんし、安全かどうかを自分たちで考えないで責任をIAEAに押しつけ、20年延長などをのたまう愚かさ。電力会社が政治資金の大きな収入源になっていること、世界一高額な電気料金は世界一高い発電効率で補っても、底の無い桶のように政治資金を垂れ流し、それがあらゆる産業のコスト高になり、海外逃避を避けられない状態になっています。

原発は安全では無いことが確証された今、停電したら何が起こるのか、国がリーダーシップをとらないで(国会議員全員がそういうことばかりに議論を費やす)
自分たちの派閥を生き残らせることだけに執着しているそういう世界を変えるために、ある程度の毒々しい発言も
必要になってしまったほど日本は行き詰まっています。橋下徹氏が嫌いな人も多いかもしれませんが彼が教育にてこ入れするのは、なぜかを考えていただきたい、子供たちの就職先は確実に無くなり、中国人やインド人に変わり始めています。
少子化×働くところが無い、これを誘導しているのは政府と日銀です。
日銀はデフレなのにインフレ対策ばかりをして、見せかけの介入を行っています。
日銀総裁は準公務員だから、デフレを加速させれば相対的に高収入になります。
円/ドルレートが100円から50円になれば公務員賃金は2倍になったことに、実質なります。
金に意地汚い人ばかりが立候補する中、井原さんに期待するのは、まっすぐな人だと思うからです。

 いざ選挙となると大量の金と公務員の組合などを使って与党、現職が勝つという仕組み、おかしいです。
橋下氏があまり選挙にお金を使わないで当選したというのは毒々しくも間違っているものは間違っているという態度では無いかと思います。
 元来政治家の発言はオブラートに包み、実際何が言いたいのか解らないようにするということが常識でした。
そこにあえて、毒々しくも正しいといえることを主張したからだと思います。
代表的なのは君が代不起立の問題です。子供の前で俺様だけは誰に従わなくても許されるんだという不起立の教師。
なのに子供にはモラルハラスメントばかりを押しつけ、挙げ句の果てにはいろいろねつ造してまでも祖国北朝鮮。
教育問題は日本の大きな課題であり、金をばらまいておくという従来の政治家と違っていたということに関心が寄せられたのだと
思います。

投稿: 名無し | 2012年2月 4日 (土) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/53881132

この記事へのトラックバック一覧です: 市長選を終えて:

« 減税で岩国を変える!! | トップページ | 沖縄防衛局長の「講話」 »