« 米軍再編の崩壊? | トップページ | 市長選を振り返って(2) »

2012年2月 6日 (月)

沖縄の海兵隊を岩国へ?

 沖縄の海兵隊1500人を岩国に移転させる計画が急浮上。
 すでにアメリカから打診があり、国は地元と調整に入るとのこと。
 今のような市長の姿勢では、基地は際限なく拡大され沖縄のようになると心配していたが、こんなに早く現実のものになろうとは。
 岩国は、よほど甘く見られているのであろう。
 初めは地元も強く反発すると思われるが、最終的には、今回もわずかなお金と取引してしまうのであろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 米軍再編の崩壊? | トップページ | 市長選を振り返って(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

艦載機は反対しても絶対に来る、
もし来なければ議員辞職すると言った
市議もいましたけど沖縄の民意で
米軍再編はどんどん崩れています。
某市議の辞職も現実となりそうですね。

投稿: simamoto3 | 2012年2月 7日 (火) 00時19分


兵士というのは暴力的になる訓練を受けているので、暴力的な部分を基地の中に置いていくことはできず、暴力を抱えたまま街に出かけていくのです。

軍隊では人殺ししか学びません。
けもののような怒号をあげて「殺す!」と叫びます。
これが軍隊に入るということです。

http://www.honyaclub.com/shop/g/g11877682/
(元アメリカ海兵隊員故アレン・ネルソンさんの講演抜粋)

兵士というのは暴力的になる訓練を受けているので、暴力的な部分を基地の中に置いていくことはできず、暴力を抱えたまま街に出かけていくのです。地元に対する暴力事件が明るみに出ると、基地の長官はすぐに謝罪します。が、それは兵士に戦争に行く準備ができているということなので実は喜んでいるのです。
暴力に囲まれて生活している沖縄の子どもたちが心配です。
米兵はみなさんの想像できないことを毎日やっているのです。
子どもたちはマシンガンや攻撃の音を聞き、兵器を積んだトラックや武器を持った男たちの乗ったトラックを毎日目にしています。
家族を育てるには沖縄は非常に危険な場所なのです。
海兵隊にはこういう言葉があります。
「考えるのはおまえの仕事ではない。おまえの仕事は、実行し、死ぬことだ」。
 命令に従うことを教え込んだ後は、「殺し方」を教えます。
多くの時間を「殺し方」を習うのに費やし、海兵隊に入って18歳になるまでに、25種類もの人の「殺し方」を覚えました。

投稿: 金冠黒松 | 2012年2月 7日 (火) 00時43分

今の市長になってすぐでしたね
待ってました!という感じで…
反対しながらも最終的にはお金で解決するのはなんとなく自分も見えます
本当にそうなったら岩国を出ると家族も言ってます
自分は諦めたくないです
井原さんが岩国を守る姿勢を見てるから

投稿: tomato | 2012年2月 7日 (火) 06時54分

米軍再編の見直しについて、外務大臣は「昨年の12月訪米時に話しがあり、それ以前からも不断の話し合いをしていた」と語っている。
ならば岩国への海兵隊移転も判明していたはず。艦載機移駐容認の市長を守るために表面化させなかった、そこまで疑問を持ちたくなる。

移駐反対を掲げたかっての市議会と市民、金が貰えると分かると一転した一部の議員や商工会議所傘下の人らの姿勢が記憶に強く残っている。今回もそうならないことを願う。

9日の臨時市議会で何らかの声を出してほしい。

投稿: 清流 | 2012年2月 7日 (火) 08時33分

今日のテレビでのコメント

知らないそぶりしてたが選挙前から知ってたはず

ほらね やっぱりねとしか言いようがない

これからは岩国がいや川下が日本のゴミをすべて引き受けますと本心はニヤニヤしてるのでは?

投稿: 山口県岩国自治区 | 2012年2月 7日 (火) 11時49分

ニュースでは、福田市長は「不信感を抱く」云々…と述べていたが、実は敷かれたレールであって、知らなかったふりをしているのでは?と、疑いたくなりました。

ご自身も、三人の子供さんの父親であり、沖縄のような町になることはわかっていて、それでも、このままで良いのでしょうね。福田市長を選んだ市民も、市民だが。泣く目に遭うのは、子供たち。

投稿: momo | 2012年2月 7日 (火) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/53921204

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の海兵隊を岩国へ?:

« 米軍再編の崩壊? | トップページ | 市長選を振り返って(2) »