« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月21日 (土)

減税で岩国を変える!!

 思い切って市民の負担を軽減し、人とまちを元気にします。
  ○ 市民税の10%減税
    ○ 国民健康保険料の大幅引き下げ
 政治家として、まず身を削り、ムダを徹底的に省きます。
   市長報酬の50%カット
   市会議員定数の3割削減
 トップが決断すれば、必要な財源は十分に確保できます。

ー人口の増加を目指してー
1.愛宕山の防衛省への売却を阻止し、太陽光発電などの企業を誘致します。公共事業を公平に発注し、地元業者を優先します
2.愛宕山に子ども公園をつくり、保育料を引き下げます
3.総合支所の権限と予算を大幅に増やします(100億円程度)
  農林水産業を支援し、バス路線を拡充します

<現在の米軍基地の存在は認めますが、空母艦載機の移駐には反対です。>
<上関原発は見直すべきです。>
 詳細は、こちらをご覧下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大集会ー減税で岩国を元気に!!ー

 大集会を開催し、約1,200人の参加者に対して、概ね次のような趣旨の挨拶をした。

 有力者が支配する古い政治の下、基地の拡大とともに普通の市民の生活や地域が切り捨てられ、岩国がこのまま衰退していくのか、
 市民の意思が尊重される新しい政治の下、誰もが安心して元気に生活できるまちになるのか、岩国の将来を決める重大な岐路に立っている。
 私は、岩国を変えるために再び立つ決意をした。
 どう岩国を変えるのか。
1.市民税の10%減税と国民健康保険料の大幅引き下げ
 そのために、まず、政治家が身を削る。
 ・市長報酬の50%カット
 ・市会議員定数の3割削減
2.愛宕山は、防衛省には売りません。
 企業誘致など岩国の発展のために、有効に使います。
 岩国医療センターの愛宕山への移転は、私が市長の時に決めました。
3.周辺地域を重視
 総合支所の権限と予算を大幅に増やす。

 明日から、いよいよ選挙戦、みなさん、よろしくお願いします。
 ブログはしばらくお休みします。

Taikai1

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

若者の集会

 最後に若者の集会を開催した。
 市政を有力者の手から市民の手に取り戻すこと、「10%減税」、その財源をひねり出すために市中報酬の50%カットと市議会議員の定数の3割カットなどにつき大勢の参加者に語った。
「働いても働いて税金をむしり取られる」
 作業服のまま自宅に返ってきた若者の悲痛な声であり、これが、「10%減税」を掲げる一つの大きな変化であった。
 明日21日14時から、市民会館で「減税で岩国を元気に」をテーマに大集会を開催します。まだ決めていない方、私の考え方に反対の方など、どなたでもお気軽にご参加下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

wakamono

0120若者の集会

 最後に若者の集会を開催した。
 市政を有力者の手から市民の手に取り戻すこと、「10%減税」、その財源をひねり出すために市中報酬の50%カットと市議会議員の定数の3割カットなどにつき大勢の参加者に語った。
「働いても働いて税金をむしり取られる」
 作業服のまま自宅に返ってきた若者の悲痛な声であり、これが、「10%減税」を掲げる一つの大きな変化であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

集会での質疑

「どうして井原市長のとき給食センターができなかったのか」
 集会での質問である。
 一部の議員などの反対で長い間止まっていた給食センターの建設を決断したのは、私である。現市長は、それを引き継ぎ完成したのである。
「井原勝介が当選したら、川下のまちづくりが止まる、藤河の水道建設が止まる・・・」
 いずれも、私が市長のとき、決断したものである。
 悪いことは何でも井原のせいにし、いいことはすべて自分の手柄にする。
 みなさん、お気を付けを!
0117

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

国保料を上げたのは誰?

 私がまちを歩いていると、現市長の街宣車がよく後を追っかけてくる。偶然にしては、遭遇する回数が多い。
「国保料を上げなければならなかったのは、井原のせいだ。現市長は引き下げた」
 このような内容の宣伝が行われている。市長自身も、同じような発言を繰り返しているとのこと。
 何でも私のせいにしたいようだが、ここまで来ると見苦しい。
 一方で、見方を変えると、批判をするつもりで、私の政策の宣伝をしているようで、感謝したい。
 「市民税10%減税」についても、大いに論争したい.。私はいつでも受けて立つ用意が会う。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

佐高 信さん

 あのサンデーモーニングの解説者でもある評論家の佐高 信さんが応援に駆けつけてくれ、昨日から、街頭演説や集会につきあっていただいた。その舌鋒は、以前にもまして鋭くなっているようだった。
 今日の美和、川下で年明け以来9回となるが、各地区の集会にはいずれも大勢の人が参加、次第に熱気を帯びてきている。
 その中で、気になることが2点。
 ある地区では、自治会長が特定の候補の後援会員集めをしているとのこと。地域のまとめ役である自治会長が、その地位を利用して政治活動することは許されないことである。
 また、どこでも、公開討論会を開催すべきとの強い意見が必ず出される。
「公開の場で各候補者の話を聞き、投票したい。現職の市長がどうして逃げるのか。」

 集会の様子
01141

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

商工会議所

 商工会議所から会員宛に送られた資料の中に特定の候補を応援する資料が入っていたという。
 商工会議所は、法律により設立された公共的団体であり、政治には中立であるべき。
 岩国市から、多額の税金もつぎ込まれている。

 佐高 信さんが応援に駆けつけてくれ、早速、街頭で演説。
1213sataka

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

公開討論会の意味

 政治的立場を超えて大勢の人の前で理念や政策を語り理解を得ることは、政治家としての最低限の義務である。
 特に反対の立場の人に話ができるというのは、絶好の機会である。私なら、その機会を好機ととらえ、その人たちを翻意させるべく力が入るであろう。
 選挙公報はもちろん重要な手段であるが、それでこと足れりとするのは、政治家としての義務をまったく果たす気がないということ。
 一部の有力者の言うことさえ聞いていればいいということであろうか。

 美和の街頭演説
0112

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

市長が公開討論会を拒否

「発起人の中に中立的でない人がいるので、公平・中立な企画・運営ができるのか疑問である。
 また、有権者は、今回初めて発行される選挙広報により候補者の政策・信条を知ることができるようになったから。」
 市長の拒否の主な理由である。
 みなさん、どう思いますか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

街頭演説

 玖珂町と周東町の4ヶ所で街頭演説を行った。
 もちろん、「10%減税」で岩国の人とまちを元気にする、そのための財源対策として、まず政治家が身を削り、市長報酬の50%カット、市会議員定数の3割削減を断行すること、そして、周辺地域対策として、総合支所の権限と予算を大幅に拡充することなどを中心に話をした。
 いずれも大勢の人が熱心に聞いてくれ、反応が良かった。

 この写真は、「草の根ネットワーク岩国」の宣伝カーです。
 見かけたら、手を振って下さい。
01092_2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

公開討論会

  予定されていた公開討論会が実現不可能となった。
 岩国市長が出席を拒否したという。
 現職の市長が逃げるとは、信じられない。
 公開の場で堂々と議論することは、民主主義の政治の基本であり、それを拒否するとは、そもそも政治家としての資格があるのだろうか。
 主義主張の違う大勢の市民を前にして自らの理念や政策を語ることができるというのは、政治家としては大変ありがたいことであり、私なら、何をおいても参加するのだが。
0108kuroiso

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

減税でまちを元気に!(3)

 「10%減税」には、もちろん財源が必要である。
 必要な経費は約6億円、これは、年間予算約600億円の1%程度であり、市長としての経験から、ムダを徹底的に省き、予算に優先順位をつければ、十分捻出可能である。
 要は、トップの意志次第である。
 その固い意志を示すために、政治家としてまず身を削り、市長報酬(約1500万円)の50%カット、市会議員定数の3割削減を実施する。
 You-tubeに、「私のおもい」が掲載されていますので、ぜひごらん下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

減税でまちを元気に!(2)

 消費税に象徴されるように、日本中負担増の話ばかりで、重苦しい空気に包まれている。こういう時だからこそ、発想の転換をして「市民税10%減税」により、まちを元気にしたい。その狙いは、次の3点である。

① 人を元気に:すべての市民に温かい手を差し伸べ、希望を持ってもらう。

② まちを元気に:負担軽減により、個人消費を増やし地域経済を元気にする。

③ 人口を増やす:住み良いまちとしての魅力を高め、人口の増加につなげる。
Photo

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

減税でまちを元気に!

 記者会見をして、市長選に臨む最終的な政策を発表した。
 半年間にわたって市内をくまなく歩き多くの人と話をしながら感じたことは、給料や年金が目減りする中で、税金や保険料がどんどん上がり、本当に市民は苦しい生活を強いられていること。もうやっていけないという悲鳴とも怒りともつかない声を投げかけられ、こうした人たちの味方でありたいと痛切に感じた。
 そこで、不安をかかえ懸命に生きる市民のために、以下の政策を実施する。
   市民税の10%減税
   国民健康保険料の大幅引き下げ(4年前の水準にもどす)
 そのために、政治家としてまず身を削り、ムダを徹底的に省く。
    市長報酬の50%カット
    市会議員定数の3割削減
 思い切った減税により、人とまちを元気にし、岩国の人口を増やしたい 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

ある方の回想

 先日、ある方のお話に思わず引き込まれるように聞き入ってしまった。
 数十年来岩国で起こったことについて、常日頃感じていることを率直にお話いただいた。90歳を超えるとは思えないほどお元気で、示唆に富む内容も多く含まれていた。
 その時のお話を文章にまとめたものを届けていただいたので、ここに紹介する「0106.doc」をダウンロード  

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

我がまちの行末を思う

 今年の正月は、あまり外出せず、岩国の未来について静かに考えている。
 今の市政は、わずかなお金をもらい国の言いなりになっているに過ぎず、基地はどんどん拡大され、結局住みにくいまちになる。その蔭で一握りの人は得をし、多くの市民は苦しい生活を強いられている。
 こんな政治は一刻も早く変えたい。
 真実を明らかにし、市民の目の前で堂々と議論し、大切なことは市民と一緒に決めていく。
 当り前の民主主義の政治を取り戻したい。
 子どもたちの未来のために。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

年の初めに

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 まもなく市長選挙である。
 言うまでもなく、岩国の行末を占う重要な機会となる。
 子供たちの未来のために精一杯頑張りたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »