« 記者会見 | トップページ | 愛宕山に関する緊急要請 »

2011年12月 8日 (木)

若者の声

 「あなたの声をお聞かせ下さい!」というタイトルの用紙を配布し、若者を中心に意見や要望を聞いている。
 届いたご意見の中に、次のようなものがあった。
 「結婚3年目でそろそろ子供もほしいと考えているところですが、正直こんな時代のせいもあり、岩国で子育てってできるか不安でいます。2人とも岩国で勤めていますが、先の見えない状態が苦しいです。広島に出るべきか悩みます。」
 20代の女性の声である。
 若い人たちがこのまちで子育てをすることに少なからず不安を持っている。このことを肝に銘じてまちづくりを行う必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« 記者会見 | トップページ | 愛宕山に関する緊急要請 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「オフレコ破り報道に対する賛否両論」について

官僚という人情のない上からの命令をそのままこなすだけが仕事の歯車官吏に対して、いかに酒席を共にしようと人間的信頼関係など絶対に築けない。
政治家相手じゃあるまいし、一介の国家公務員官吏の発言にオフレコなどありえないのである。

防衛省という国家機密に常時触れているような省庁のトップ官僚ともあろう者が、オフレコなら何を言ってもよいというようなこの程度の職業倫理のかけらもない認識では、国土の防衛という一大事など絶対にできっこない。
オフレコ発言など、特別公務員の守秘義務、注意義務違反は明白である。
士道不覚悟のきわみであり、国家公務員法違反の大罪で懲戒免職以外の処分はありえない。こんな下品下劣な法匪官僚をほんの少しでもかばうような下品下劣な行いは、賢明で誠実な日本人は決して行わないけどね。

また、新聞記者はスクープするのが仕事である。この琉球新報記者はピュリツァー賞クラスのトップ賞を世界の国際的新聞記者協会からもらってもいいんじゃないかなあ、それくらいの大手柄スクープですからね。

だいたい公務員が新聞記者と酒席の付き合いをすること自体汚職の疑いが超濃厚である。
李下に冠を正さず。瓜田に履をいれず。この程度の常識もない者はそれだけで懲戒免職相当である。特に防衛省なら尚更であろうよ、常識から言って。
この件で上級官吏の守秘義務違反発言をそのまま報道した新聞記者の職業倫理を責めるのはまったくのお門違いで問題にならない。

国家国民に対する責任からいえば防衛省職員全体の職業倫理の欠落と憲法に対する遵法意識の欠落こそがとんでもなく重大な国家崩壊につながる職権乱用の汚職刑事犯罪である。公務員の憲法無視はそのまま国家反乱罪である。

沖縄と言えば去年の那覇地検検事の犯した中国人船長密出国幇助罪も特別公務員の憲法違反であり国家反乱罪に相当する。あのときは仙石38とやらの工作員がビデオ流出してスピン報道を演出しごまかそうとしていたね。時効はまだまだ先だから告発できる。

結論:今の時点で琉球新報記者のオフレコ発言報道行為をマスメディア上で賛否両論する者が、防衛省官僚の国家公務員法違反をごまかしてなんとしても地位協定を破棄されたくないという意図を持つ、アメリカとアメポチスパイ小泉派政治家官僚奇形司法記者クラブマスゴミ癒着四権談合犯罪組織のスピン報道工作担当者でないという可能性は、合理的に考えると非常に低い。フクイチ由来の放射能が人体に影響を及ぼさないという312枝野発言が虚言でない可能性と同等である。

投稿: 通りがけ | 2011年12月 9日 (金) 08時05分

石棺化、而して除染。国家の放射能防護対策としてこれが当然の合理的手順である。

まず大気中への核物質放出を何十年かきっちり停めてその間に降雨の助けを借りながら効果的に安価に除染してゆけば、石棺化後1、2年で原爆被爆後の広島長崎レベルに復帰するであろう。

除染派、除染反対派などと言う分類は無意味である。

まずはフクイチ石棺化および地位協定即時破棄(石棺化費用を捻出するためにも)である。

投稿: 通りがけ | 2011年12月 9日 (金) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/53436555

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の声:

« 記者会見 | トップページ | 愛宕山に関する緊急要請 »