« 鞍掛城まつり | トップページ | 愛宕山に関する民意 »

2011年11月21日 (月)

苦渋の選択

 「苦渋の選択」
 政治家は、よくこの言葉を使う。
 愛宕山の見守りの会で市長もい繰り返し使っていた。
 言い訳に過ぎず、無責任である。
 苦渋の選択で押し付けられる市民がかわいそうです。

 政治家には、常に最善の選択をして欲しい。

 

人気ブログランキングへ

|

« 鞍掛城まつり | トップページ | 愛宕山に関する民意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>世界中の様々な国と付き合っていくには

大統領も天皇も主席もホームレスもみなおなじ人間であり地位や身分に構えることなく人情で話せばもともと人間同士言葉がなくとも心の部分で通じ合える。人と人がこころで通じ合えればおのずから国と国が通じ合える。軍備や武力は不要でしょう。

我も人なり、彼も人なり。

こうして考えてみると「日米地位協定」がいかに非人道的奴隷契約を一方的に決め付ける人権侵害協定であるかがつくづくわかりますね。これがあるために地球上で日本人だけが日本国の国土上で米軍の無法行為を全部見逃してやらねばならないのですから、日本人は世界中でアメリカ人に対してだけとても同じ基本的人権を持った人間同士の普通の対話ができなくなっています。

アメリカ軍の高性能軍事偵察衛星は311当日からフクイチ冷却停止炉心高温化→炉心溶融発生を赤外線情報でキャッチしていたはずですが、それがGE社製の原子炉である事も知っていながら駐留米軍を緊急対応させず、淡々と無能な菅政府に対応させて当然ながらなすすべもなくメルトダウンさせ、菅政府に史上最大の人災放射能テロ犯罪を犯させました。
ある意味原爆投下実験した日本に原発を導入させた占領政策のひとつの当然の帰結事象が起こるのを、未必の故意をもってアメリカ国として傍観したといえます。

日米地位協定は人権に対する許されない犯罪協定であり、一分一秒も地球上に存在してはならないものであることを宣言し人類の名においてこれを告発します。
Posted by 通りがけ at 2011年11月22日 19:12

投稿: 通りがけ | 2011年11月22日 (火) 20時40分

>日米地位協定の「運用の改善」ではなく、協定全条項の抜本的改正を(腐れオヤジの独り言さま)より転載
>>http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-ce09.html

▼9月8日しんぶん赤旗:在日米軍犯罪・事故 21万件 1952~2010年度
日本人1088人 犠牲に
赤嶺氏に資料 軍事が人権押しつぶす
在日米軍の兵士や軍属らが引き起こした事件・事故が、1952年度から2010年度までに21万件近くにもおよび、日本人の死者は1088人にのぼっていることが7日までに明らかになりました。昨年も死亡事故を含め573件発生しています。現行の日米安保条約の原型である旧安保条約の調印(1951年)から8日で60年を迎えますが、現在でも米軍による犯罪・事故が後をたちません。
旧安保条約調印60年
日本共産党の赤嶺政賢衆院議員の要求に、防衛省が資料を提出したもの。旧安保条約が発効した52年度からの事件・事故の総数は20万8029件となっています。うち米軍関係者が公務中に起こしたのは4万8504、公務外が15万9525です。これによる日本人の死者は、公務中の場合が520人、公務外が568人です。米軍の施政権下に置かれていた本土復帰前の沖縄は含まれておらず、実際はこれを大きく上回ります。72年の返還後も沖縄県が圧倒的に多く、全国で発生した7万7866件中、4万5810件が同県内で起きています。
赤嶺氏は、「沖縄では本土復帰後も、米兵による殺人や暴行、放火などの凶悪犯罪、米軍機の墜落と爆音被害、演習がもたらす原野火災などが繰り返されてきた。軍事が県民の人権を押しつぶす構造は何も変わっていない」と指摘します。
一方、警察庁がまとめた米軍人による刑法犯検挙数は、89年から昨年までで2240件。うち沖縄県が1035、横須賀基地や厚木基地のある神奈川県が444、佐世保基地のある長崎県が283、岩国基地のある山口県が212。
旧安保条約では、米軍関係者が起こした事件・事故をめぐり圧倒的に米側に有利な仕組みがつくられました。60年に改定された現行安保条約にもそのまま引き継がれています。安保条約に基づく日米地位協定は、米軍人・軍属が事故や事件を起こした場合でも公務中なら米側が第一次裁判権をもつことを定めています。今年も沖縄市で交通死亡事故を起こした米軍属が不起訴処分になり、米側による免許停止5年の処分で済まされました。また53年の日米合同委員会合意は、米側の裁判権行使結果の通報について「裁判結果」のみを対象にしているため、懲戒処分などは日本側に知らされない仕組みになっています。08年に沖縄県うるま市で発生した交通死亡事故では、遺族が知らないところで、事故を起こした米兵が無罪放免になり、県民の怒りをよんでいます。▲
(転載終わり)

投稿: 通りがけ | 2011年11月22日 (火) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/53302459

この記事へのトラックバック一覧です: 苦渋の選択:

« 鞍掛城まつり | トップページ | 愛宕山に関する民意 »