« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

統治機構の変革

 「いろいろな政策は、誰でも作ることができる。それよりも、統治機構の変革が必要。」
 橋下市長の発言である。
 個別の政策よりも、それを担う行政の仕組みを変えることが重要との趣旨。
 考え方はもちろんかなり違うが、私もよく、次のような趣旨の発言をする。
 「候補者は誰でも、市民の喜ぶような政策を並べるが、政策を実施する政治のあり方が問題。政治を変えなければ、政策は、文字通り、絵にかいた餅に過ぎない」

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

大阪の動き

 橋下大阪市長の誕生について。
 タレント的な人気を利用した強引な手法に危うさを感じるが、一方で、既成の政党や政治に対する不信感の表れでもあり、その点は事実として受けとめる必要がある。
1129kuga

  人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

若者の声

 「いろいろしがらみがあるので表では応援できないが、投票は本人の自由なので、候補者の政策などをよく聞いて、最後は自分で判断したい。」
 若者の声である。
 その通りである。市民一人ひとりがこうした考えを持ち行動したら、選挙が、そして政治が確実に変わる。
1126kawaguti

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

詭弁

 知事は、これまで愛宕山の売却ためには「岩国市が米軍再編を容認すること」が条件であるとしていたが、今日突然、この方針を180度転換して、両者を切り離して考えるとした。
 岩国市長も当然、同じ方針なのであろう。
 空母艦載機の移駐に伴い必要となる米軍住宅の建設であり、両者は完全に一体のものである。それをいとも簡単に別物であるとする、ここまで来ると、言葉は悪いが詭弁としか言いようがない。
 政治家として、言葉にもっと責任を持って欲しい

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

愛宕山の売却

 愛宕山開発跡地は、約100ヘクタール。
 うち4分の3(75ヘクタール)については、防衛省への売却計画が強引に進められている。
 残りの25ヘクタールはどうなるのだろうかと思っていたら、道路用地などを除いた多くの部分(約15ヘクタール)は、約51億円で岩国市が取得するのだという。
 これには驚いた。
 県の住宅供給公社が3月末で廃止され、他の遊休地は県が買い取ることになっているのに、愛宕山はどうして岩国市が買い取るのであろうか。

 赤字解消のためと言いながら、肝腎の自らの赤字はほとんど減っていない。一体岩国市は何をやっているのであろうか

 色づく木々
1122sou1

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

愛宕山に関する民意

 市民の声と言ってもいろいろである。
 愛宕山に関する民意とは、もちろん、直接影響を受ける住民の意見であり、多数で抑えつければいいといものではない。
 愛宕山について言えば、周辺地域の住民の想いが即ち民意であり、それに正面から向き合い重く受けとめるべきである。
 売却の方針を決めた後に愛宕山の座り込みに出席し、理解を求めても、何も始まらない。
 単なるパフォーマンスに過ぎない。

 大豆をたたき、さやから出す作業 

1122sou3

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

苦渋の選択

 「苦渋の選択」
 政治家は、よくこの言葉を使う。
 愛宕山の見守りの会で市長もい繰り返し使っていた。
 言い訳に過ぎず、無責任である。
 苦渋の選択で押し付けられる市民がかわいそうです。

 政治家には、常に最善の選択をして欲しい。

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

鞍掛城まつり

 戦国時代の杉氏の居城にちなんだ「鞍掛城まつり」、玖珂町こどもの館の前には出店が軒を連ね、屋内には絵画や書などの展示も行われ、どこも大勢の子ども連れで賑わっていた。

 お祭りは、地域の元気の源であり、世代を超えて楽しむことができるもの。
 今後とも、大いに盛り上げていきたいものだ。もちろん、行政の人的、財政的支援も欠かせない。

 青い空を背に浮かび上がる高照寺山
1120sou

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

先行移駐は認めない?

「普天間飛行場の移設と切り離しての空母艦載機の岩国移駐は認められない。」
 マスコミによると、知事は防衛大臣に対してこのように伝えたという。
「普天間移設の見通しが立たないうちは、空母艦載機の先行移駐は認められない。」
 これまでの知事の見解であるが、両者の微妙な違いにお気付きでしょうか。
 後者は移転の時期を問題にしており、普天間が動かない限り岩国も動かないという印象を与えるが、前者は、普天間と岩国が一体であれば時期は問わず、岩国移駐も行われるというニュアンスである。
 これに対して、大臣は、次のように答えたという。
「普天間も岩国も着実に進めていきたい。」
 両者が一体であることが再確認されたとして、知事がゴーサインを出す口実に使われるのではなかろうか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

旧国病の跡地

 岩国医療センター(旧国病)が愛宕山に移転した後に、国立がんセンターがやってくるという話があるという。複数の方からの情報である。
 一つの案ではあるが、仮に新たな大病院ができるとすれば、既存の病院や診療所などとの連携をどうするのか、地域医療の観点から十分な議論が行われるべきである。
 その他に、既存の施設を有効に活用して、障害者や高齢者の福祉施設をつくるべきとの意見もある。
 市長や知事はどのように考えているのか、できるだけ早く明らかにし、地元住民や関係団体にも説明すべきであろう。

 私のイメージカラーは鮮やかな黄色である。ぴったりの花を見つけた。
1117kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

市長の矛盾

 空母艦載機の移駐に伴い必要となる米軍住宅建設のために、愛宕山が売却されようとしている。
 一方で市長は、いまだに空母艦載機の移駐を容認していないとし、さらに最近では、知事に合わせて、普天間問題が解決しない限り岩国への先行移駐は認められないとしている。
 つまり現状では空母艦載機の移駐を認めないとしながら愛宕山は売るというのは、誰が考えても理屈に合わない。
 こんな矛盾に満ちたことを平気で公言するなんて、政治家としてあるまじきこと。
 早晩、愛宕山の売却を決定するであろうが、その際、どんなへ理屈をつけるか、楽しみである。

 再び、「皇帝ダリア」です。
1116nagayata

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

愛宕山

 民間空港との裏取引で愛宕山の米軍住宅化を認め売り飛ばそうとしているのに、何かと井原が決めたことだと他人のせいにする。
 岩国市長として4年間進めてきた自らの政策を堂々と語って欲しい。他に責任転嫁しなければ説明できないほど負い目を感じているのか、それほど自信がないのなら、売却を中止すればいい。
 住民説明会でも発言したが、私は、愛宕山を米軍基地にすることには絶対に反対である。もちろん、米軍住宅化を前提に防衛省に売却することに同意するはずもない。

 少し遠くて見えにくいかもしれないが、見事な「皇帝ダリア」である。
1115kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

愛宕山説明会(2)

 米軍再編と愛宕山について触れる。
 岩国市長は、就任直後の2008年3月に空母艦載機の移駐を事実上容認し、5月には民間空港と引き換えに愛宕山の米軍住宅化も容認している。そのことは、後に公開された岩国市の内部資料によっても明らかである。
 今回の説明会は、最後のつじつま合わせに過ぎず、まったくの茶番である。
 厳しい国の財政状況のなかで、米軍基地の中に立派な市民球場ができると考えるのは、あまりにも楽観的である。こんなはずではなかったと思う日がこなければいいが。

 欽明路駅を出発する岩徳線
1114kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

愛宕山市民説明会(1)

 市民会館で行われた愛宕山売却に関する市民説明会に出席したので、感想を少し。
 配布された資料を見ると、「岩国市作成」とある。さらにスポーツ施設の内容は、岩国市が要望したものが羅列されているだけで、本当にこの通り実現されるのかまったく保障がない。私も国の行政にいたのでよくわかるが、まだ、米軍や財務省などと何も調整ができていないので、防衛省の案としての公表はまかりならぬと言われているのであろう。要するに実際に予算化されるまでは、何もわからないのである。
 それを承知しながら、あたかも確定しているかのように市民をごまかす、いつものやり方に、またまたがっかり。つき合わされる職員も気の毒。
1113hosigasako

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

愛宕山(3)

 愛宕山開発に伴う借金は、現在約260億円あり、今回、一部を防衛省に売ったとしても、約90億円の借金が残るという。これを今後、誰がどのように負担するのか、注目しなければならない。
 仮にその多くをまちづくり地区として岩国市が買い取ることになれば、岩国市の借金は、以前とほとんど変わらないことになる。それでは、何のために愛宕山を売り渡すのか。

 玖珂町の駅前通り。よく見ると、片側だけに車が駐車している。曜日によって駐車できる位置が変わるのだという。なかなかいいアイデアである。
1111kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

愛宕山(2)

 岩国市長は、愛宕山を防衛省に売却するという方針を明らかにした。
 一方で、「沖縄普天間問題が解決しなければ、空母艦載機の先行移駐は認められない」、さらに「安全・安心に関する要望が実現されなければ、空母艦載機の移駐は容認できない」とも言う。
 毎年多額の予算が計上され、基地内では空母艦載機移駐の準備が着実に進んでいる。誰でも知っていることである。もちろん市長は、百も承知。
 これを「詭弁」と言わずして何と言うのであろうか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

愛宕山の売却

 岩国市議会全員協議会で、愛宕山を防衛省に売却するという市長の方針が示された。
 自ら進んで土地を差し出し米軍基地を作るなどというまちは、日本中探してもどこにもない。恥ずべき行為であり、後世の市民に対して申し訳が立たない。こんな政治しか持っていないとは悲しいことである。
 同じ売るなら民間企業に売ればいい。企業を誘致すれば新しい雇用が生まれ、多額の固定資産税が岩国市に入る。
 基地になれば、地域の発展性は何もなく、固定資産税がゼロになる。
 どちらを選択すべきか、誰でもわかる。
 自ら発展の芽を摘み取るようなことをしたら、岩国は確実に衰退していく。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

市民の声

 「首相はトップとして、国の進むべき大きな方向性を示すべき。
 日本は、自然も文化も人も素晴らしい国だが、その良さが失われつつある。
 原発事故は、科学・技術を過信した結果。人には、もっと大切なものがあるはず。
 今回の事故を契機に、人々の生活を見直すべきだ。」

 年配の方のご意見である。日本の現状、先行きに対する強い危惧の念があらわれている。
 肝に銘じたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

集会

 周辺部を中心に3ヶ所で集会を開催した。
 いずれも大勢の人に参加していただき、ありがたかった。
 「本庁に聞かないとわからない。予算がないからできない・・・」などと、総合支所の対応が悪い。バスが不便になった。山や畑を守って欲しい。総合支所の統合に反対、・・・
 「合併して何もいいことはない。合併しない方が良かった。」という声に満ちている。
 こうした機会を通じて地域の実情や人々の思いを知り、少しでも政治に反映する必要がある。

1107fukasu

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

私の本音(3)

3.空母艦載機の移駐について
 岩国市長は、いまだに空母艦載機の移駐を容認していないとしているが、まったくの偽りである。そのことは、容認が条件になっている再編交付金をもらっていることからも明らか。毎年、多額の関連予算が計上され、移駐の準備も着実に進められている。
 市民をごまかし、裏取引で岩国の未来を決めることは許されない。
 すべての事実を公開して、市民の目の前で堂々と議論すべきである。

 雨に煙る玖珂のまちなみ
1106kuga2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

可愛い犬

 可愛い犬に出会った。大きなプードルのように見えるけど、種類はよくわからない。
 一緒にいた女子高校生、政治に大いに関心あり。
 前回の選挙の際に両親に投票にいくよう強く勧めたとのこと。
 将来、政治家になりたいとの夢も持っているようだ。
 現役の高校生であり難しいかもしれないが、私の活動に参加する機会があるといいのだが。政治の現場を知るためにも。
1105kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

私の本音(2)

 空母艦載機部隊の岩国移駐に関しては、民間空港などとの裏取引で、現市長はすでに事実上容認しており、市民に事実が知らされないままに、受け入れ準備が進められている。
 しかし、地元の協議が十分に行われないままに空母艦載機の移駐が強引に進められることは反対であるという考え方は今も変わりません。
 このまま、一方的に基地が拡大されてしまったら、岩国市の発展は絶対にありません。
 それは、岩国の歴史や沖縄の例を見れば明らかです。

 玖西盆地の真ん中にて。いい写真が撮れたでしょう。
1104kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

私の本音(1)

 いろいろな方と話をしていると、どうも私の考え方についてかなり誤解が生じているようなので、様々な課題について感じていること、考えていることを本音で語ってみたい。
 まず初めに、基地問題。
 「米軍基地の存在は認めるが、これ以上の機能強化には反対である」
 これが、基本原則である。
 私が基地そのものに反対しているように言う人がいるが、明らかに誤解である。
 考え方は、以前と少しも変わっていない。

 秋の味覚、柿が当たり年のようである。
1103kuga

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

言葉

 以前も書いたが、どうも言葉使いが気になる。
「天皇陛下が3日間の予定で山口県を訪問し、国会の開会式に出席された」
 NHKのアナウンサーのことばである。
 皆さんはこれを聞いてどう思われるでしょうか。
 私は、聞いていて大変な違和感を感じた。
 「訪問し」の部分が敬語になっていないこと。
 「頑張るので、応援よろしくお願いします」
 プロ野球の選手が使うこの言葉も同様におかしいと思う。
 言葉は時代とともに変遷することはもちろんであるが、乱れていくことは悲しい。

 グラウンドゴルフを楽しむ人々
1031fuju

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »