« 世話人会 | トップページ | 言葉 »

2011年10月31日 (月)

市民の声

「井原は基地反対でしょう。愛宕山は、赤字なので国に売るしかないのでは」
 よく聞く話であるが、いずれも間違いである。
 私の米軍基地に関する基本的考え方は、次の通り。
「現在の米軍基地の存在は認めるが、これ以上の基地機能の強化には反対である。」
 愛宕山が赤字というのも事実と違う。知事が市民を不安に陥れるために偽りの宣伝をしているのである。確かに開発に伴う借金はあるが、一方で平坦な土地という立派な資産もあり、赤字はまだ発生していないのである。この土地を国ではなく民間企業に売って借金を減らすことも可能なのである。基地になれば税収はゼロ。工場ができれば、雇用が増え、固定資産税が増える。岩国の大切な土地を基地に提供することがいかに愚かなことか、誰にでもわかる。

人気ブログランキングへ

|

« 世話人会 | トップページ | 言葉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の善性が叫ぶ
「米軍基地は半植民地の象徴!沖縄に集中しているから気付かないかも知れないが、これほど他国の基地がある国は珍しい」と

投稿: ピース | 2011年11月 1日 (火) 02時38分

この不景気で縮小傾向にある現在岩国にくる企業はあるのでしょうか?
県内でも企業誘致に失敗している開発地を目にしますが井原さんはそうならないような案や考えをお持ちでしょうか?
個人的には基地が良いとは思いませんが、いざという時だけ米軍だよりという今の日本の姿勢も虫が良すぎると思っております。
原発にしても基地にしてもそうですが使うときだけ使い自分に害が及びそうになると反対するという考えは良くないと思います。
原発に反対するのではなく原発を必要としない街(国)づくりや基地を利用した街づくりって考え方もあっていいと思います。
長々とすいません

投稿: 市民 | 2011年11月 5日 (土) 01時21分

最近、民主主義とは何なのか疑問に思うことがある。もちろん、私だって民主主義の恩恵にあずかっているのだが...。最近、住民投票とはどういう意味があるのかよくわからなくなってきた。仮に近所に迷惑施設ができれば皆こぞって反対する。ごく普通のことである。皆が反対すれば施設はどこにもできない。大震災の被災地のガレキの受入もそうである。東京都の石原知事は、個人的には好きではないが、率先して受入れた。そのことの是非は何もいえない。かく言う私も傍観者なのだ。   そして、以前の住民投票も、「岩国への艦載機移駐反対。(厚木基地の騒音被害継続賛成)」ではなかったのかと自問自答してしまう。

投稿: 普通の岩国市民 | 2011年11月 7日 (月) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/53133060

この記事へのトラックバック一覧です: 市民の声:

« 世話人会 | トップページ | 言葉 »