« 事務所開き | トップページ | 無駄 »

2011年10月 5日 (水)

基地のまちの苦悩

 川下で集会。
 基地のまちであり、空母艦載機部隊の移駐に対する強い不安が語られる。
 一方で、基地の被害を受けるまちであるにもかかわらず、皮肉にも岩国で一番遅れているまちづくりに関する不満も出される。
 また、民間空港の開設に伴う交通量の増大に対する対策を求める意見も。
 長年基地の被害に苦しみながら、今後も同居せざるを得ない、川下の人たちの苦悩を政治がしっかり受けとめる必要があると痛感した。

人気ブログランキングへ

|

« 事務所開き | トップページ | 無駄 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

言葉を眺めると
まるで江戸時代の苦悩のような
あっ江戸時代の役人に申し訳ない
武士という特権階級の責任もあり、民事はかなり優れていたと聞く

投稿: ピース | 2011年10月 6日 (木) 17時10分

人から聞いたのですが、岩国基地内に福島の放射能に汚染された瓦礫が持ち込まれていると…

なぜ?

投稿: 市民 | 2011年10月10日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52919348

この記事へのトラックバック一覧です: 基地のまちの苦悩:

« 事務所開き | トップページ | 無駄 »