« 首長の責任 | トップページ | 0920性懲りもなく »

2011年9月19日 (月)

佐高信・田中優子

 岩国版「サンデーモーニング」は、大変面白かった。
 話題の人を時に激しい言葉でバッサリ切る、すかさず田中優子さんが手綱を締める。話題は、錦帯橋から米軍基地、そして原発と自然に展開し、会場を引き付ける。
 私が一番印象に残ったこと。
 政治家や経済学者などの表の発言に惑わされてはいけない。その人の経歴やこれまでの言動を見れば、その真意がわかる。
 原発を推進してきたその同じ人が、福島の事故後、一定の検査などが行われたのでさらに安全性が高まったと言っても、俄かには信じられない。
0919sakata6

人気ブログランキングへ

|

« 首長の責任 | トップページ | 0920性懲りもなく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

原発は「大丈夫」と言うより、如何に早く放射能源を環境から遮断させるかにつきます
この方策をたてれないと大変な事になるでしょう

国民はもっと政治家や官僚にプレッシャーをかけるべきなはずだが

投稿: ピース | 2011年9月20日 (火) 00時47分

以前NHKで日本が原発を推進した裏事情として、当時の首相であった佐藤栄作の側近が、核拡散防止条約から日本が外されたことから
日本も原爆を作るため、核弾頭の製造工場として原発を推進させ、表では非核3原則などと言いつつ、核の平和利用を掲げた。

佐藤栄作の実家は、Wikipediaによると

現在の山口県熊毛郡田布施町に酒造業・佐藤秀助、茂世(もよ)の三男として生まれた。父・秀助は山口県庁に奉職したが、1898年(明治31年)頃、勤めを辞め、酒造業を始めた。佐藤家には酒造の権利が昔からあった。その権利は他家に貸していたものだったが母茂世(もよ)が分家するに当たって酒造の権利を取り戻して茂世(もよ)にあたえられていた。秀助、茂世(もよ)夫妻は、本家のある田縫のすぐそばの岸田で酒造りに従事した。[1]
地元の人たちは佐藤家の市郎・信介・栄作の兄弟について「頭は上から、度胸は下から」と評している[2]。

と記されている。
特別な権利を与えられていた、その結果利権という考え方をいつの間にか当たり前のようにしてしまった。

よく考えれば、酒を造ると言うことに関して、その家に与えられた権利であり、決して酒造りのことをよく勉強したとでは全くないのである。
現在の政治家の行う規正の多くに、特定の者だけに与えそのものを儲けさせる、そして政治献金させる。あるいは政治献金すれば不当な規正もまかり通る。
最近の不当な規正で特に目立つのは薬のネット通販禁止がある。
表向きは対面販売と言い張っているが、うらで政治献金が飛び交っていた事実。楽天が先陣を切って反発し多くの署名を集めたのを誰もが知っている。

その一方で、本来規正してもらわなければならない様なことが規正されない。
原発の安全基準として、長期間の電源喪失について考慮する必要なしとされている。

全ては、政治家や官僚の金に対する意地汚さから発生したことだと言える。

投稿: 名無し | 2011年9月20日 (火) 08時42分

このままでは福島が国際原子力村の食い物にされる

ーー第二のABCCが・・・

この記事の構成は、住民不在のまま、福島県でいったい何が(勝手に)行われようとしているのか、その輪郭を把握していただくために、二部構成になっています。

さわり部分だけご覧になりたい方は、この一部を読むだけで十分です。

二部の記事(後にアップ)の動画では、「福島で人体実験をやっている」と、海外のメディアで書きたてられている山下俊一も発表しています。

一部:藍原寛子氏のレポート

福島県在住の医療ジャーナリスト、藍原寛子氏の福島最新情報です。
神保哲生のvideonews.comより。

福島県民全員を対象とした本格的な放射線被曝検査を目前に控えて、目的のよくわからない不思議な国際会議が福島で開かれました。

福島県で行われる本格的な放射線被曝検査とは、県民健康管理調査検討委員会が、いつの間にか決めてしまった「治療は一切しないが、ガンになるか、なりそうかを統計的に把握するための世界最大規模の甲状腺被曝検査」のことです。

全文はブログ「カレイドスコープ」にて
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-881.html

投稿: 貼り付け | 2011年9月20日 (火) 15時12分

「売国スパイ霞ヶ関法匪とその手先が犯行中の棄民テロを直ちに逮捕阻止し、棄民テロ実行犯を断罪せよ」
>ペラペラ自己正当化に走る菅前首相!(ハイヒール女の痛快日記さま)
>>http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-853.html
>菅は福島原発事故が起きてからも、マスコミと共謀してインチキ情報を垂れ流し、国民に放射能を浴びせ続けた張本人なのだ。この記事も、結局は提灯記事以外のナニモノでも無いわね。<

そのとおり。
菅直人は就任時初っ端の宮崎口蹄疫危機管理から憲法違反の棄民政策を地位協定に盲従するアメリカスパイ霞が関売国法匪(もちろん最高裁も法務省官僚の巣窟である)の言うがままに国民に対して官憲暴力を用いて弾圧強制執行しつづけてきた、根っからのアメポチ売国テロリスト犯罪者首相である。ちょうど詐欺師犯罪者が首相になった小泉純一郎と同じ構図だが直接暴力に訴えるしか知らぬ無免許無能ゆえ被害者国民にとっては小泉よりも数段タチが悪い凶悪犯といえよう。
まずは311放射能テロ実行犯として東電・保安院・菅内閣を共謀共同正犯で直ちに逮捕せよ。首相でなくなれば不逮捕特権はもうないのだから。この件で追及しすべての憲法違反犯罪政治を白日のもとに引きずり出して断罪しなければならない。そうして初めて日本は復興できるのであるから。

地位協定を国民投票で破棄可決し、テロリストスパイを日本国憲法で粛々と断罪せよ。

投稿: 通りがけ | 2011年9月20日 (火) 20時30分

地位協定を国民投票で破棄可決し、テロリストスパイを日本国憲法で粛々と断罪せよ。

軍事(防衛)予算と原子力予算をすべてつぎ込んでただちに福一石棺化と除染と住民疎開を緊急に完遂せよ。

これが日本人がとるべき一本道である。

投稿: 通りがけ | 2011年9月20日 (火) 21時30分

U-STREAMを見ていたら、九月二十日にあった政府・東京電力対策室の記者会見で地下の遮蔽壁の計画を言っていて、記者も追求していた。
何処まで可能かは分からないが、大気・海・土壌と放射能源が移動する距離が少なくなるそうだ。
汚染水を海に流すのは土壌に広がるよりも質が悪い。
土壌汚染はこう広がるだろう。
高熱で液化した放射能物質が土壌に染み込み、固形化した時点で余り移動しなくなる。地下水に溶けるかという事だが、
海水に溶けるかと同じだが、軽水は中性子吸収力が結構高い。

また福島原発の放射量が毎時二億ベクレルと言いながら、何故「人体に影響ない」との論拠にシーベルトを使うのだろう?
確実に対策を誤ると思うが

敵を知らずば戦に勝てない

投稿: ピース | 2011年10月 2日 (日) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52776939

この記事へのトラックバック一覧です: 佐高信・田中優子:

« 首長の責任 | トップページ | 0920性懲りもなく »