« 佐高信・田中優子 | トップページ | 日米同盟 »

2011年9月20日 (火)

0920性懲りもなく

 性懲りもなく、デマが流されている。
 「井原が市長になれば、税金が上がる」
 何の根拠もないこんな嘘を平気で語る。
 勝つためには手段を選ばずというが、うそやごまかしの選挙をすれば、その結果できるのはうそとごまかしの政治である。
 市民の皆さんのために、こうした事案には、告発も含めてしかるべく対応する必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« 佐高信・田中優子 | トップページ | 日米同盟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつまでも嘘やごまかしにとらわれていても仕方ないと思いますが

福島原発事故ではっきりと分かった事でしょう
「プルトニウムを飲んでも安全」
「反対する人は想定内の事を何故安全と言えるか証明しろと言う。専門家が大丈夫だと言っているから大丈夫なんです。格納容器の中では水素爆発は起こらない」

嘘はいつかは自分達の首を絞める

因みに放射能物質は非放射能物質になるまで核分裂を起こします。自然界にも中性子は飛んでますから
福島原発の放射源を早く環境から遮断しないと、一生遮断出来なくなります
スリーマイル島もチェルノブイリもこれを最重要課題として早急な対応をとったでしょう
日本だけがおかしいのです
既にチェルノブイリ以上の被害が出るのは覚悟した方が良いです
確かに直ぐには最悪にならず、年々人が住めない地域が広がっていくと思いますが

何故大切な処方を後回しにしたか!
自分達の都合の良い嘘やデマを広げる事に終始し、大切な事を見誤った

自民党も民主党も官僚もその他も真実を隠すことを優先したから真実の方が愛想を尽かして逃げたのですな

私の頭では最早環境から遮断するのは無理との答えしか出ませんが

賢い方でしたら、実現出来る処方箋をお持ちかも知れませんね

投稿: ピース | 2011年9月21日 (水) 07時27分

アメリカは戦前プルトニウムの発がん性を調べる為人体実験をした。
その結果ラジウムの50倍だそうな。

NHKで見ました。

投稿: MK | 2011年9月22日 (木) 13時23分

これは機密文書である
前段で私は「自然界でも自由な中性子は飛んでいる」と記したがワザと隙を作った。
多分、野次馬達が私の理論に欠陥が有れば喜ぶだろうという事だ
別に怖がらせて喜んで居るわけでなく、確実にやばいから言っているだけなのだが。環境から遮断しない危険性より、私の説が嘘だろうとの期待しかもたない者は、この問題に対して協力はしないだろうから捨て置く

私の自由な中性子という意味は二つの点からは正しい

①「自然界では自由な中性子は存在しない。人工的にしかつくれない」との通説であるが、一方で「自然界でも放射能は発生している」とのちぐはぐさを皮肉ったものだ。
多分、長距離移動出来る高速の中性子は存在しないという事かも知れない。(よくわからん)
②来年から太陽の黒点活動が活発になるという。これが東日本に散乱している放射性物質に如何に影響を与えるのかである。電磁波障害だけなら良いが、中性子は地球まで届かないか?宇宙のチリの原子核に吸収されれば良いが、散乱衝突し続けて地球に降り注ぐ中性子の割合がどれ位なのか?
また再来年は惑星直列がある。
不吉極まりないのである

私ははっきり言っておきたい
今年中に【福島原発の放射能源を環境から遮断する方策】をしっかり決めて、出来れば実行しなければ危険極まりない

不可能に近いからと諦めるのは、原子力は安全と嘯いてきた罪を償う事にはならない。

神は存在する

神が人間の真摯さに感動すれば助けるだろう

真摯に問題を直視せず、他人の褌で助かると思っている輩は私とは全く関係無いのだ

投稿: ピース | 2011年9月23日 (金) 04時55分

この際だ 追記しておこう

確かにチェルノブイリは炉心崩壊で福島原発は免れたというのは事実だか
あのチェルノブイリは実は地震が原因で崩壊したと言われているが痕跡からみて意外と格納容器は全壊はしてなかったらしい
どちらにしてもチェルノブイリ原発の放射能源が全て環境にばらまかれた訳ではない。
福島原発の今後は言わなくても想像出来るだろう。
被害は来年辺りから超えると思う。それは日本政府が福島の市民に正当な避難勧告をしなかったという視点ではなく、汚染環境範囲が越えるだろうと言っている。

まぁこの話はこれだけにして
これから話す話題は信じたくなければ信じなくて良い!
私がこの件を気が狂ったように重要視するのは二十年ほど前から見た『予知夢』に今後どれだけの障害をどこまで襲うかがはっきり現れていたからだ。
私は視力を失う。
だが、私はそれだけの障害に感謝したのを夢の中でも覚えている。
何年後にどうなるかは、最後に見たのは十年程前なのと、夢なのでよく分からない。

ボンヤリと覚えているのは菅さんがこの問題をきちんと対策したケースの夢も見ていた。何パターンか見てましたんで。(日本がこの放射能の侵略を克服する夢も見たと言うこと。その状況とは現状が雲泥の差なのが絶望的ですが)

まぁ『死活に喝を求める』を貫ければ私は死ぬことは恐くない。

これは私の歴史なので、やはり一人ぐらいは信じて欲しいと思う

投稿: ピース | 2011年9月23日 (金) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52786587

この記事へのトラックバック一覧です: 0920性懲りもなく:

« 佐高信・田中優子 | トップページ | 日米同盟 »