« 情報はすべて公開 | トップページ | 住民の声 »

2011年8月 9日 (火)

マニフェストの放棄

 特例公債法案の成立と引き換えに、民主党と自民党、公明党の三党が、民主党マニフェストの見直しで合意。条件整備が大きく進み、焦点は菅さんの辞職時期、民主党代表選に移っているようである。
 しかし、冷静に考えるとかなり違和感がある。
 マニフェストは民主党の国民との約束である。状況の変化に応じて修正はあり得るとしても、その理由を十分に国民に説明し理解を得ることが大前提である。そのマニフェストの見直しを野党と合意するということ自体、異常である。民主党は政権与党としての誇りを失い、責任も放棄しているように見える。
 特例公債、いわゆる赤字国債は、すでに成立している今年度予算の財源になるものである。その内容に不十分な点があれば一部修正も可能であり、法案全体を通さないと言って人質に取ることは、大切な予算を人質にとることと同じであり、本来あってはならないこと。
 与野党とも、政党の本分を忘れて、国民を犠牲にして権力闘争を繰り広げているのが実態であり、マスコミも興味本位ではなく、本質をきちんと見据えた報道を行うべきである。
 何と言う花だろう?
0809

人気ブログランキングへ

|

« 情報はすべて公開 | トップページ | 住民の声 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

児玉氏の怒りは被曝に苦しんでいる人々を助けようとすると法律違反にされてしまう今の違憲立法状態を座視している人道にもとる国会議員どもに対する腹の底からの怒りである。

児玉氏の涙は東電の放射能テロによって祖先から受け継いで子孫に受け渡していくはずだった美しい日本の国土から、テロ共犯者の法匪犯罪者政府の暴力的強制執行で理不尽に追い立てられる被曝被災者の苦しみを思い胸詰まって思わず流す涙である。

児玉氏の笑顔は避難を禁じられて強制的に被曝させられたヒバクシャたちが最も大事な健康の源である免疫力をいたずらに低下させないでできるだけ強化できるよう、前途に希望を持って復興に少しでも前進があれば心の底からの笑顔で喜び合うようにするために、心で泣いて顔で笑う菩薩の尊い利他行の笑顔である。

小泉菅海江田ら与野党問わず政局ゴロカスバカ政治家どもと霞ヶ関法匪官僚や、電力会社や経団連や孫ら政商や、テレビ芸者エセ芸能人マスゴミ人どもが自分自身の私利私欲だけに基づいて感情失禁する浅ましい亡者の利己保身目的の薄っぺらな空怒りや空泣きやへらへら薄笑いではまったくない。

児玉氏の下に民間の復興総力を結集しよう「得手に帆あげて」。

投稿: 通りがけ | 2011年8月10日 (水) 09時24分

クリストファー・バズビー博士によると、今の日本政府は、昔の戦争犯罪と同じようにいずれは裁判にかけられ、長期にわたって刑務所に入れられるだろうと述べている。(カナダde日本語さま)

>内部被曝を隠蔽せざるをえなかった理由はこれだ! 米国の壮大な軍事戦略がその背後に!(先住民族末裔の反乱さま)
>>http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/20900863.html
コメント欄
>経団連もこれに乗ってるんですね。
>恐ろしい事実が一杯。小泉の郵政なんてかわいいものですね。
>2011/8/10(水) 午前 7:54 [

とんでもない。
全身アメポチ詐欺師小泉こそが原発粗製濫造の主実行犯であり特A戦犯である。
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2005/07/post_2066.html#comments
>多度津工学試験所、閉鎖 ~小泉が鉄くずとして売っ払ってしまった(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)

cf.クリストファー・バズビー博士の全コメントが書き出されてあります↓
>私が伝えたいのは「科学者は嘘をつく」ということです(カレイドスコープさま)
>>http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-758.html

投稿: 通りがけ | 2011年8月10日 (水) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52436378

この記事へのトラックバック一覧です: マニフェストの放棄:

« 情報はすべて公開 | トップページ | 住民の声 »