« 不可解なこと(1) | トップページ | 前原氏出馬表明 »

2011年8月22日 (月)

市民の声

 「今の市政では、一握りの有力者が利益を得るだけで、地元中小企業には何の恩恵もない。」
 若い中小企業経営者の切実な声である。
 公共事業そのものは大きく減少しているが、それだけに地元企業への優先発注、公平な扱いが大切である。
 「家の周りのまで猪が出て困っている。そのための網を修理している。
 岩国市医師会病院のすぐ裏の農家を訪ねると、ご主人が一生懸命猪の網を修理している。
 身近な農業を守るために、猿や猪の対策が重要であることを改めて痛感した。

 再び、室の木「平家山」
0822

人気ブログランキングへ

|

« 不可解なこと(1) | トップページ | 前原氏出馬表明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

◎日本再占領
◎第2章 「日本占領」の半世紀:ソフトパワーと日米知的交流の裏面史
中田安彦・記(2011年6月)

 私は、前章(『日本再占領』の第1章)の最後で、戦後の日米関係が「官僚主導」によって規定されていると書いた。これは、本来、我が国の憲法体制が想定するようなものとは全く異なっている。日本国憲法においては、あくまで国会議員が国民の代表(代理人)であり、立法府や行政府の大臣ポストに参画していると想定されている。

 そして、霞が関の高級官僚はあくまで政治家の「代理人」(エージェント)であり、彼らは政治家に対して説明責任を持っていることや、国民の代表たる政治家はその官僚が国民の利益に反することをしていないか監視する責任があることを説明した。

 ところが、前章のウィキリークス公電の分析で具体的に外務官僚の実名を逐一あげながら説明したように、実際は逆になっている。「政治家を日米同盟の諸問題について教育する」という言葉が公然と日米交渉の前線に立つ外務官僚の口からアメリカの外交官に伝えられていることが、アメリカの外交官僚の書いた公電の中で明らかにされてしまったのである。このような「本人―代理人」(プリンシパル-エージェント)関係の転倒がなぜ生じたのか?

 本章では、前章で登場した、大物元外交官の 有馬龍夫(ありまたつお) やその周辺の財界人、外交官の人物ネットワークや、戦後アメリカに留学した「金門クラブ」の留学生たち、日米安保を推進してきた「菊クラブ」という存在、そして前章で登場した現役外交官の船越健裕(ふなこしたけひろ)が著した著作などを通じて歴史的に検証したいと思う。

 結論めいたことをまずスパッと書く。日米の外交官僚の間に生じた「本人-代理人」関係を成り立たしめているのは、アメリカの「ソフト・パワー戦略」である。

投稿: 貼り付け | 2011年8月23日 (火) 10時26分

五木寛之さんは戦後、政府の大丈夫だからと言う支持のもと、ピョンヤンに残ったそうだが、その時には政府の偉い人達は一目散に帰国していたそう。国の情報を鵜呑みにせず、自分の足で情報を得なかったことを後悔しているという。

投稿: おまけ | 2011年8月23日 (火) 16時25分

[破廉恥売国詐欺師小泉が壊した国会と日本の品格]

>【話題の記事】東大・児玉龍彦教授:「国会は機能不全に陥っている」 - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/ZxJV6Zn

さもありなん。今の国会議員は全員が霞が関泥棒官僚組織の手先に過ぎないからね。くだらぬ政局ごっこをしているうちに霞が関立案の国益を盗んで省益にすり替える泥棒詐欺政策が次々に法匪官僚の思惑通り国会審議なしで通っていっているのがその証拠である。

国会を機能させようと思うなら日米地位協定を破棄可決し内閣不信任案を可決するしか手はない。

>国民が本当に求めているのは「人気がある政治家」ではなく「実行力がある政治家」である。
>「口がうまい政治家」ではなく「覚悟を持った政治家」である。
(「内ゲバ勃発・・・民主党代表選の行方」政経徒然草さま>>http://haru55.blogspot.com/2011/08/blog-post_23.html)

年間4400万円の議員報酬(税金)と3人の公的秘書(3人の年収総額2000万円)と様々な議員特権が与えられた日本の国会議員・・・
▼ 国会議員が本来果たすべき役割
(1)立法
1)法律を起案し国会に提案する
2)法案を審理し採決する
3)国会が承認した法律が実際どのように運営・施行されているかを検証する
(2)予算
1)政府提案の予算案を審理する
2)政府提案の予算案を採決する
3)国会が承認した予算案が実際にどのように使われているかを検証する
(3)行政監視
1)各省庁の日々の行政がうまく運営されているかを監視する
2)官僚の不正、不作為、職権乱用、国民財産の横領、国民財産への損害、外国への利益供与などの違法行為を監視する
3)国民生活のために安価で効率的な行政運営と行政組織を考え内閣に提案する
(>杉並からの情報発信ですブログさまから抜粋転載>>http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/82eb82ac3b151cf458e7a59dcfdb77bb)

今国会議員のやるべきことをやっている国会議員はひとりもない。この期に及んでも未だ日本復興のかけらもみえず拝金戦争狂米軍幇間スパイ破廉恥小泉がもたらした醜悪下劣な国会不在の棄民亡国法匪官僚マスゴミファッショ腐敗政治が放射能と同じく日本じゅうを死毒で席巻している。

投稿: 通りがけ | 2011年8月23日 (火) 20時05分

平家山とはなんとも風流な

投稿: ピース | 2011年8月24日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52544527

この記事へのトラックバック一覧です: 市民の声:

« 不可解なこと(1) | トップページ | 前原氏出馬表明 »