« 市民の声 | トップページ | 市民の声 »

2011年8月21日 (日)

不可解なこと(1)

 岩国市が保有し大規模駐車場として活用している県総合庁舎跡地の売却が決まった。
 ここは、1996年、三笠町の旧市場と等価交換(約30億円)したものだが、今回、約7億円で医療法人新生会などに売却する。用途は、医療・福祉施設。
 これが、何とも不可解。
 中心市街地の賑わいに役立つよう有効に活用する必要があるというのが、商店街と行政の共通認識であったが、果たして今回の計画がそれに当たるのであろうか。関係者の間で十分な話し合いが行われたのであろうか。
 さらに、公募で決めたというが、応募は一グループだけだったとのこと。
 あまりにも唐突で、有力者の影がちらつき、出来レースのようにも見える。
 一部の有力者が牛耳る市政の一つの例であろう。

人気ブログランキングへ

|

« 市民の声 | トップページ | 市民の声 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

人は考えるあしである

と誰かが申したが

確かにそうだろう

いろいろな角度から考えると隠されているものが見えてきますね

私は「分からない」「知らなかった」は全て言い訳だとみています。

目の前の事
慣れ親しんだ事
簡易に考えれる事

これらにしがみついて日々を生きている方々には一生見えてこないでしょう

私欲から逃れる事

些細なところで止めれれば
一握りの権力者は宙ぶらりんするんですが・・・

投稿: ピース | 2011年8月22日 (月) 00時38分

今年の9月・10月は天災の起きる可能性が大きい。注意しよう

2010年12月10日にロシア人の民間天文学研究者のレオーニード・エレニンさんによって発見された彗星がエレニン彗星と呼ばれているものです。
 それは最近の大地震が、この星と太陽や太陽系惑星などと直列した前後におきているというので、問題になり出したのです。

少し実例をあげます。

2008年2月20日  インドネシア  M7.4  エレニン・地球・太陽の直列
      2月25日  インドネシア  M7.2  エレニン・地球・太陽の直列
      5月12日  中国      M7.9  エレニン・地球・海王星の直列
2009年7月15日  ニュージーランド M7.8 エレニン・水星・地球の直列
      9月 9日  サンホラ島   M8.1  エレニン・太陽・地球の直列
2010年2月27日  チリ      M8.0  エレニン・地球・太陽の直列
      3月 9日  インドネシア  M7.2  エレニン・地球・海王星の直列
2011年3月11日  日本       M9.0  エレニン・地球・太陽の直列

 というようです。
 この直列の日がいまのところ、次ぎの月日におこることが分っていると発表されています。

2011年8月31日
      9月 6日
      9月25日
     10月 8日
     11月11日
     12月 4日
     12月25日

 です。
 それだけではなく、今年9月10日にはエレニンが太陽にもっとも近づきます。

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

投稿: 貼り付け | 2011年8月22日 (月) 10時22分

対価の1/4以下で売ってもいいなら愛宕山は全部で50億円程度で売ってもいいということ、その値段なら十分買い手がつく。

そもそも何のための公共事業なのか、政治家と役人のために国民が働かされる、という本末転倒を直さなければならない。

投稿: 名無し | 2011年8月22日 (月) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52534588

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解なこと(1):

« 市民の声 | トップページ | 市民の声 »