« 子ども手当の廃止:「子ども手当」を評価して投票した多くの人の気持ちを裏切ることになるのではなかろうか。 | トップページ | 私の想い »

2011年8月 6日 (土)

騒音

 最近、米軍機の騒音が増加している。
 岩国市によると、7月の苦情件数が270件に達し、6月の約3倍に上ったとのこと。
 滑走路の沖合移設は騒音軽減が目的であると宣伝されてきたが、実態はかなり違うようだ。
 実際に目撃することもあるが、特に、市街地の真上を飛ぶことが多くなっていることが大きな問題。
 市街地の上空は飛ばないという日米間の取り決めがあるが、軍隊の運用という理由で簡単に破られてしまう。
 このまま、空母艦載機部隊がやってきたら、飛行機の数は、ほぼ2倍になる。

 通津の本呂尾(もどろお)から遠く瀬戸内を臨む。
08064

人気ブログランキングへ

|

« 子ども手当の廃止:「子ども手当」を評価して投票した多くの人の気持ちを裏切ることになるのではなかろうか。 | トップページ | 私の想い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 沖縄県金武町で6日、7月末に54年ぶりに日本側に返還された
米軍ギンバル訓練場(60ヘクタール)の返還式典が開かれ、
同町の儀武剛町長は「どんな嵐が来ようと、一歩一歩前に進んで成功させる」と、
医療施設の整備などを計画する跡地利用に意欲を見せた。

 式典には在沖縄米軍トップのグラック沖縄地域調整官(海兵隊中将)らが参加。
沖縄本島を丸2日近く暴風域に巻き込んだ台風9号の影響で、
出席を予定していた北沢俊美防衛相は沖縄訪問自体を見送り、式典会場は停電したままだった。

 グラック中将は「信頼関係を高めるため、できる限りのことをやっていく」と強調した。

 訓練場の約半分の敷地には、
冷戦期に存在した核搭載可能ミサイル「メースB」の発射施設跡などが残っていることから、
沖縄防衛局が環境汚染の有無を調査し、原状回復を行った上で、地主に引き渡される。

九電偽装メールは、佐賀県知事が自民党県議を使ったやらせということがわかりました。
この原発利権の解消こそ、在日米軍基地利権解消に繋がることは明らかでしょう。
原発利権解体のとっかかりに、中電が上関原発建設中止に乗り出し、愛宕山を太陽光発電のメッカにすることができれば、政官財癒着談合利権制度という民意をねじまげてきたシステムの一角を取り崩すことができると思うのですが・・
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819891E2E4E2E2868DE2E4E2EAE0E2E3E3939185E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E5E2

投稿: 沖田浩二 | 2011年8月 7日 (日) 11時37分

人間は愚かなのか!

太平洋戦争で何が有ったか!
帰ってきたおいちゃん
汗水垂らして働いたおばちゃん
多くの方々の苦しみを洗い流した瀬戸の海だけが永遠の真実なのか!

どうなんゃ~ 日本人(ハンコ)

投稿: ピース | 2011年8月 7日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52409758

この記事へのトラックバック一覧です: 騒音:

« 子ども手当の廃止:「子ども手当」を評価して投票した多くの人の気持ちを裏切ることになるのではなかろうか。 | トップページ | 私の想い »