« 草の根集会 | トップページ | 農村 »

2011年7月11日 (月)

無所属

 私は、「本物の」無所属である。
 「本物」とわざわざ付加したのは、特定の政党の党員であったり、また特定の政党の支援を受けながら、選挙になると「無所属」を名乗り、市民をごまかす例が多いと聞いている。こうした形ばかりの偽物の「無所属」ではなく、掛け値なしに本物の無所属である。
 特定の団体に属しているともよく言われる。こうした類の噂話は、すべてうそであると考えた方がいい。
 「どこの政党に属しているのですか?」
 歩いていて、時にかけられることばである。

人気ブログランキングへ

|

« 草の根集会 | トップページ | 農村 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

○○党員なのに「無所属」で立候補。当選したら目線は○○そのまま。特に首長や市議会議員には多い。
これは所属政党を詐称したことにならないのだろうか。党費支払い実績ある人はその政党を名乗って立候補すべきだ。それでは当選できないから、という選挙通もあるが、それならなおのこと選挙民をだますことになる。
政党を名乗る候補者もある。全員これに見習うべきだ。
なお、どこから推薦を受けているかも全てオープンにした選挙戦にして欲しい。

投稿: 清流 | 2011年7月12日 (火) 08時39分

『2012年、日本経済は大崩壊する!』
朝倉 慶著 幻冬舎刊(2011年7月発行)1,575円(税込)

「2011年、市場の混乱の予兆はすでに現れている。借金まみれの先進国、インフレ爆発の新興国、反体制デモが続発している中東・北アフリカ諸国…。世界各国がこれほど行き詰ったのは人類史上、初めてだ。
我々は人類史に残る経済大崩壊の体験者となるだろう。」

第1章 暴走するコンピューター支配で、市場の崩壊は加速する
・震災後の株暴落で膨大な数の投資家が大損した
・なぜ先物取引は株式市場で甚大な力を持つのか
・株式相場で大儲けをしていたのは得体のしれない無名の証券会社だった
・人間の頭脳を超えている! 驚異的な利益を手にした者の正体
・個人投資家が相場で損をし続ける本当の理由
・コンピューターに操られている株式市場に救いはあるのか
・ニューヨーク証券取引所が凋落したのはなぜか
・個人投資家がヘッジファンドのカモになるのは必然である
・3ヵ月間トレーディングで毎日確実に儲けるという完全試合が可能になった!
・リーマン・ショック後、米国の金融機関が莫大な収益を得ているのはなぜか
・日本でもコンピューターによる高速取り引きがブームになるのか
・コンピューターが市場を完全に支配する日

第2章 商品価格の高騰でインフレ爆発が起きる!
・中東や中国もインフレの波から逃れられない
・インフレの波が先進国に迫りくる
・金利上昇は止めようもない世界的な流れである
・マルサスの『人口論』の予言通りになった
・資源と食料価格が続伸。下がる要因は一つもない!
・地球最後の日のためび世界種子貯蔵庫の実態
・急騰するトウモロコシで、世界を牛耳る米国
・暴騰するトウモロコシは中国にとっては核爆弾である
・「のんびり構えている暇はない。世界の食料価格は危険水準に達している」
・日本ではエネルギー価格が暴騰し、危機的な状況になっていく
・早ければ秋には日本にインフレが到来する
・震災の影響で、農作物や魚の供給が止まるのは秋からだ
・日本経済にもいよいよ穀物高騰が襲ってくる
・仕掛けられた銀の暴落。それでも商品は上がり続ける
・政府と銀行、ヘッジファンド、取引所がグルになったとて、2012年インフレ爆発は避けられない
・ジョージ・ソロスの情報操作と裏の顔

第3章 2012年に向け、日本経済はどうなるのか
・日本の債券暴落の予兆①最大の買い手がもはや購入できない
・日本の債券暴落の予兆②公的年金は購入どころか売却せざるをえない
・日本の債券暴落の予兆③国債安全説は盲点だらけ
・債券の仕組みを理解すれば、事の深刻さがわかる
・日本の債券暴落の予兆④郵政グループが直近1年で9兆円も売却!
・バブルとその崩壊は繰り返され、規模は巨大化する
・経済実験台の日本はいつまで罠に気づかないのか?
・国債を「リスクゼロ」とするBIS規制に踊らされている日本の銀行
・BIS規制に抜け穴をつくった欧米、財政破綻に向かう日本
・国際的な陰謀は日本の生命保険会社にも及んでいた!
・国家による金融抑制はすでに限界にきている
・市場の反乱は起こらないと頑なに信じる日本の金融機関
・「13倍のリスク」と言い放った日銀総裁に日本経済を任せられるのか
・想定外のことが起きる時に過去の数字を使う日銀総裁の愚行
・日本の国債暴落時に利益が出るオプション取引が人気の理由

第4章 2012年に向け、米国・EU・中国の経済はどうなるのか
・米国政府の上手をいく天才投資家たち
・QE2終了後の米国債はどうなるのか
・大恐慌オタクのバーナンキは米国経済に貢献しているのか
・2011年夏~2012年にかけて債券相場が大暴落する
・名だたる日本企業の株が中国に食い荒らされている
・価値の低下した日本株がなぜ中国にとっては魅力なのか?
・国家資本主義の中国に呑み込まれる日本
・中国バブルの崩壊を確信する世界の投資家たち
・中国の地方政府は莫大な債務を抱えていた!
・中国はバブル崩壊かインフレで沈むかの二者択一
・中国の巨大な胃袋が資源と商品の高騰に拍車をかける
・欧州危機はこれからが本番。あとは大波乱を待つのみ
・欧州の景気格差は悪化の一途、ユーロ圏は確実に崩壊する
・ギリシャ債務危機で露呈したヘッジファンドによる裏取引
・ギリシャ危機で露呈したS&Pの相場操縦法
・なぜECBの総裁にイタリア人のドラギが選ばれたのか
・ドラギ総裁選出からユーロの今後が明らかになった

第5章 日本人が資産を守るために知っておくべきこと
・世界銀行の総裁が金本位制への移行をほのめかした!
・世界主要国は金へとシフト。金を購入したら離すな
・プラチナが今こそ買い時の理由
・株はハイパーインフレ時には強い。ならば買ったほうがいいのか?
・ドル、ユーロ、円、元の中で保有したほうがいい通貨はどれか
・資源国の通貨に投資するFXや、不動産投資も悪くない
・海外に口座を開くという甘い誘惑、騙される日本人
・国家が破綻する前に、海外に口座を持つほうがいいのか

投稿: 本紹介 | 2011年7月12日 (火) 13時42分

「地位協定破棄その4」

>2011年7月11日 (月) 21世紀初頭・米国による日本再占領:ライジング・サン(甦る日本)さま
>>http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9348.html

日本再占領が意味するもの。

1945年占領直後から中国侵略に失敗した米軍は日本国内で赤狩りレッドパージを行なった。多くの国士が汚名をかぶせられあるいはGHQ手先スパイ合法組織警察検察の手で投獄あるいはCIA手先スパイ非合法組織の暴力により暗殺され、国内政治はアメリカの思うつぼにはまって混乱を極めた。

いま震災と人災で第二の戦後と言われている日本をアメリカが再び占領支配し直そうとしているというなら、アメリカがふたたび戦後の治安紊乱状態を日本国内に演出してくるであろうことを予見することはたやすい。地位協定が温存されている間は日本国内で米軍特殊部隊やCIAが政治工作をしようと思えば思いのままに破壊工作できるからである。

菅首相は今年の年初からずうっと死に体内閣であるのになぜアメリカは総理に据えているのか?
この第二の戦後にあたってとっくに政治的に死んでいる菅総理を、アメリカはどのように使っていかなる破壊工作で日本を混乱させ再占領を成功させようと目論んでいるのか?

私は戦争の狂犬アメリカは建国以来テロしか政治手法を知らないので、やはり政治家テロ事件を起こし日本国内を治安混乱させ、そこへ地位協定治外法権で乗り込んできて軍事力で混乱を押さえ込み、日本再占領を全世界に宣言するという悪辣非道の一つ覚えをやるだろうと見ている。

舞台は大きいほどインパクトがあるので世界が注目するイベントでテロ作戦が決行される危険が最大となる。

そう、8月6日である。

菅総理は脱原発演説をするだろうか?解散して大勝しても新内閣で公約を反故にすることは見えているので解散すれば菅首相は総理の椅子を失うことは必定。アメリカだって先刻お見通しであるから、総理官邸に入り込んでいるマイケルグリーン某は絶対に菅総理に8月6日「脱原発」解散をさせない。アメリカの手駒総理として使えなくなるからね。総理官邸からも出ていかなければならなくなるし。

ではMG某はどうするか。アメリカが後ろについているからなんにも心配ない、8月6日には堂々と原発推進演説をしろ、と菅総理の耳へしつこく何度も何度も囁くのである。

そして8月6日当日それを信じた憐れな菅総理が、世界が固唾を呑んで見守る壇上で「私は原子力平和利用のために今後も原発を推進します」と宣言し終えた直後に菅総理に対するCIA工作員のテロ攻撃が炸裂し、大混乱のどさくさ紛れに今の政治状況から脱原発派の犯行とされて、米軍の協力を得た警察の手によってふたたび日本にレッドパージの嵐が吹き荒れることになり、それが終わったときアメリカの日本再占領が達成されるのである。

アメリカが菅総理をその椅子に座らせておくのは8月6日までであろう。史上初の暗殺された現職総理という歴史的事績だけを遺して。
建国以来殺人だけで権力を手に入れてきたアメリカは日本に躊躇なく原爆を落としたごとく日本国総理を国内で暗殺することくらいたやすくやって退けるであろう。北米先住民も自国大統領も平気で殺戮してきたテロ至上国家だから。

菅総理、このアメリカのテロ攻撃から自分自身のひとつしかない命を守るには、直ちに地位協定を破棄するしか方法はない。

地位協定さえ破棄しておけば8月6日に「脱原発」演説をしようが「原発促進」演説をしようがひとつしかない命を失うCIAテロ攻撃にさらされることは決してないであろう。日本人はアメリカ人とは違う、「窮鳥懐に入らば猟師も之を射ず」、情け深い和の国の長い歴史ある国民だから。

これを転ばぬ先の杖といい、地位協定破棄の絶大なる効用の一つである。

投稿: 通りがけ | 2011年7月12日 (火) 13時46分

全く 完全無欠に 一グラムすらも 形にこだわる必要は無いと思います。

自我が大切!

周りに「どこの政党に属していますか?」とか「無所属は良いんじゃない」とか言う蚊の囁きは捨て置いた方が良い

他人任せで居た多くの方々の無関心によって政治がここまで落ちた
日本だけでない
世界中!
やはり国と国で比較するのではなく、過去との比較も必要かも知れない!
画一的価値観の流布が国際社会をキノコのようにフニャフニャにしてしまったのかも知れない

投稿: ピース | 2011年7月14日 (木) 05時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52183388

この記事へのトラックバック一覧です: 無所属:

« 草の根集会 | トップページ | 農村 »