« 首相の陳謝:まず、政治が簡単に謝る光景は見たくない。非を認めて謝るのであれば、責任を取って辞めるべき。 | トップページ | 飛行経路の変更? »

2011年7月23日 (土)

政治不信

「政策の必要性、実現見通しの両面で検討が不十分だった。率直におわびする。」
 岡田幹事長のコメントである。
 刻々と変化する情勢に合わせて、マニフェストが適宜修正されるのは当然であり、その際には、十分な説明責任を果たさなければならない。
 しかし、「実現見通し」はともかくとして、「政策の必要性」に関する検討が不十分であったとすれば、ことは重大である。あまり必要性のない政策をマニフェストに掲げて闘ったとすれば、それは国民を裏切ることである。政党としてあるまじきことである。
 政党の理念、政治家としての誇りなどを捨てて、権力闘争に明け暮れる今の政治は、完全に国民から見放されている。
 実際にお会いした市民の間にも、政治不信が急速に高まっており、思わず長時間の大議論になることも少なからず。

人気ブログランキングへ

|

« 首相の陳謝:まず、政治が簡単に謝る光景は見たくない。非を認めて謝るのであれば、責任を取って辞めるべき。 | トップページ | 飛行経路の変更? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=AksrgkxQ7pA
上記リンクは原発の問題をわかりやすく説明したビデオです。
政治不信と結局根っこは同じだと思います。
何でもお金で考える人と、真面目に人の事を考える人の違い。
今の政治家達は政治家=金の成る木、という構図しか持っていない人たちばかり。
ほんとに人の幸せを考える人は、干されあまり良い待遇にならない。
その一方で、悪いことと判っていても金で黙らせるとかそう言う思想の人、やはり醜い。

投稿: 名無し | 2011年7月24日 (日) 08時13分

正にその通り

しかし既成の政治家に政治を依頼する傾向から、バークレーのように多くの民で政治を運営していかないと多様化する社会に対応出来ない点をもうご存知だと思いますが、多くの方に知らせないといけませんね

投稿: ピース | 2011年7月24日 (日) 14時22分

「地位協定破棄だけが唯一の転ばぬ先の杖となる」
>ノルウェー爆弾、乱射事件は、首相を狙った単独犯だった可能性
>> http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2803.html#ixzz1T1lnAZ2R

こういう事件は世界中に連鎖的に発生する傾向がある。特に他国に戦争を起こしては軍事介入してその国を占領する米国外交にとっては最もおいしいえさになるだろう。建国以来常に外国政府に対して謀略を仕掛け続けているのが米国だからね。

日本もこういう有事のときにアメリカにつけこまれて再占領されないように、日米地位協定をさっさと破棄しておくことが最優先の国家危機管理になったね。とくに菅首相、自分の手で一刻も早く地位協定破棄しておくことだね。なんせ日本国内では地位協定のおかげでアメリカは謀略のやり放題なんだから、自分の身は自分で守るしかないんだよ。

参考:>>http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9348.html#comment-84216183

投稿: 通りがけ | 2011年7月24日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52288925

この記事へのトラックバック一覧です: 政治不信:

« 首相の陳謝:まず、政治が簡単に謝る光景は見たくない。非を認めて謝るのであれば、責任を取って辞めるべき。 | トップページ | 飛行経路の変更? »