« 上関原発に関する意見書 | トップページ | 政治の原点 »

2011年7月 7日 (木)

政権の迷走#genpatsu #saga #kawaguchi

 菅さんが突然方針転換し、原発の再稼働に関してはストレステスト(安全検査)の実施を含む新ルール作りを指示した。これに怒った佐賀県知事は、再稼働を容認するという姿勢を事実上撤回した。

 今回の例をみても、国の言う「安全安心」がいかにいい加減なものであるか、よくわかる。旧政権時代から、国のやり方は一向に変わっていない。
 住民の安全は、国任せにするのではなく、自らの責任で確保すべきである。
 残念ながら、佐賀県知事をはじめ全国の知事さんたちから、そうした声は聞こえてこない。安易に何でも国任せにするのではなく、自らの住民のために、覚悟を決めて取り組んで欲しい。

人気ブログランキングへ

|

« 上関原発に関する意見書 | トップページ | 政治の原点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

突然行き当たりばったりで出てきたストレステスト。
テストの内容は、当の本人は全く認知しておらず、誰かが言ったことを受け売りしているだけ。
まともに考えれば30年以上稼働した原発は全部ダメなはず。
玄海1号機は98度いかに冷やすと原子炉がガラス容器のようにパリンと割れてしまうそうな。
だけど、ストレステストの対象は2号機と3号機?
デタラメもいいところだ。

それと、今の原発の構造はメルトダウンしない事を前提にして、そのけっかメルトダウンしたときのことなど全く考慮していない構造になっている、恐ろしいほど安上がりな考え、いわゆる安かろう、悪かろうという高度経済成長の時に流行った生産物なのである。

更に言えば、電源車などを自主的に確保しているようだが、制御コンソールへの給電能力しかない、要するに冷却装置を動かすだけの容量はないのだ。

ディーゼル発電機のコストなど原子炉の建設費用の1%にも満たないのになぜケチる。
これは、事務所などで良く行われる、バカ経営者が喜ぶ無駄な節約なのだ。
バカ経営者はしばしはプリンタから出力した紙を裏返してまた使おうとする。セキュリティー上好ましくないばかりか、プリンタの紙ずまりをおこし、トナーが無駄になる。
紙代は1枚0.5円程度だがトナーは一枚分7円程度である。コストと言うことを無視した表面的な節約を喜ぶ大馬鹿と同じ。なぜ非常用発電機にお金をかけないのか非常に不思議。
1基当たり1億から2億円程度高台に建屋を建てればもう10億円程度原子炉は3000億円程度、3000億円の原子炉の安全にかけるお金はたったの数億円程度。この考え方とても
おかしい。

投稿: 名無し | 2011年7月 8日 (金) 06時53分

「カンニングは犯罪です:ストレステスト」

>原発推進派が雁首そろえてテスト内容を決め、テストを実施するのである。・・・やるまえから、「安全」という結論は出ているのである。
>>http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1071.html

試験問題が試験前に漏洩されたら国内法でカンニング不正行為現行犯で逮捕ですな。国内法で官製談合現行犯そのものだし。現行犯は目撃した市民が取り押さえてもいいんだよ、国内法では。

あ~あ保安院またやらかして罪に罪を重ねるの巻。
おいおいこれじゃ一生日本の刑務所から出られなくなっちゃうよ、保安院。

投稿: 通りがけ | 2011年7月 8日 (金) 08時59分

今日のぼやき「1229」 

新刊二冊が発売中です。『大災害から復活する日本』(徳間書店)と武田邦彦氏との対談『原発事故、放射能 ケンカ対談』(幻冬舎)です。
2011年7月8日

一冊目の大災害から復活する日本は「復興需要がまず起きて、その後、物価上昇(インフレ、場合によってはハイパーインフレ)が日本を襲うという近未来予測の経済本です。いつも同じく、金融統計・チャート図を多数掲載しております。

次に、武田邦彦氏との対談です。

 幻冬舎の編集者の相馬裕子さんは非常に巧みな人で、帯にあるように「副島=安全派」「武田=危険派」という風に陣営分けしてこの本を企画しました。

 実際、副島先生はこの原発事故が起きてから放射能について一ヶ月で独学した人間。こういうと身も蓋もないが専門家から見れば「素人」であるでしょう。しかし、武田氏は「原子力村」にいた、内閣府原子力安全委員会の委員なのです。

 帯には「副島氏が武田氏を問いただす」とあります。

 結果的に「この本はプロの政治戦略家・評論家の副島隆彦が、原子力の専門家・武田邦彦にインタビューを行う」という体裁になっています。

長文なのでHPで詳しく見てください
http://www.snsi.jp/tops/kouhou

投稿: 紹介 | 2011年7月 8日 (金) 10時05分

さてコアな事を書くか!

私のカンピューターが以下の問題を打ち出した

『福島原発は今も海に放射能を含んだ水を垂れ流ししているだろう。放射能は蓄積する。たれ流すときは直ぐに害は無くとも害は蓄積する。
またあそこは親潮?(あれっ黒潮?)
つまり太平洋に散らばるな!
福島の土壌汚染も問題だが、更に問題なのは世界の海を汚している事かも知れない。
何年後に障害が実証されると確実に国際社会から叩かれよう。賠償金で日本はソビエトと同じになるかも知れない。(ソビエトはその前に潰れたが)
国の問題ではない。
海の問題。プランクトンの問題。小魚の問題。魚の問題。シャチの問題。イルカの問題。鯨の問題。人間の問題。』

今夜の言いたい事はこれだけ

投稿: ピース | 2011年7月10日 (日) 00時42分

月光浴により魂が神聖化してない昼間は『菅事件』をプロファイリングしても良さそうだ。

①自然エネルギー推進と原発推進は一個の頭脳には共存しない
②彼は権力志向型の人間で、自我より強固な権力に靡く可能性がある

私はこの問題をこう捉えている
私はそもそも今の国会の様子を見るに付け、国政にまっーーーーたく 期待していません
国を滅ぼす可能性すらある

自分の命は自分で守る。
自分の国は自分たちで守りたい。いや守らなければ現状誰も守ってくれない!

ただそれだけ

投稿: ピース | 2011年7月10日 (日) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52148160

この記事へのトラックバック一覧です: 政権の迷走#genpatsu #saga #kawaguchi:

« 上関原発に関する意見書 | トップページ | 政治の原点 »