« 日米協議:2014の完了時期は撤回されるも、普天間基地の移設案は現行通り。このままでは何も進まない。沖縄の人々の苦しみだけが残る。#ihara #kichi #iwakuni | トップページ | 0624防衛大臣が山口県知事を批判:「普天間の見通しが立たない中で、岩国基地への先行移駐は認められない」とする知事に対して、防衛大臣は「評論家的なことを言うべきでない」と強く批判。知事の方が筋が通っている。 »

2011年6月23日 (木)

日米協議(2):山口県知事「普天間基地移設の見通しが立たないうちに、空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」今回再編の主要部分が大幅に修正され「パッケージ」が完全に崩れたわけであり、岩国問題も原点に返って見直すべき。

 このままでは普天間問題は何も進展せず。沖縄の人たちの思いを大切にして、現状を少しでも変えようと努力するのが政治の務めであり、厳しくともアメリカと交渉するのが外交の役割である。
 国民の苦しみや叫びを無視して、アメリカとの関係を取り繕えばこと足れりとする。そんなのは、外交でも何でもない。

 普天間基地移設の時期(2014年)が先送りされたことを受けて、山口県知事は、次のようなコメントを発表した。
「普天間基地移設の見通しが立たないうちに、空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」
 私もよく覚えているが、米軍再編が提起されたとき、防衛省は「再編は全体が一つのパッケージであり、少しも変更できない」と強調したものである。
 ところが、今回再編の主要な部分が大幅に修正され「パッケージ」が完全に崩れたわけであり、岩国問題も原点に返って見直すのが筋である。
 今回の二井知事の発言の真意がどこにあるのか必ずしも明らかではないが、額面通り受け取るとすれば、「筋」が通っており評価に値する。

人気ブログランキングへ

|

« 日米協議:2014の完了時期は撤回されるも、普天間基地の移設案は現行通り。このままでは何も進まない。沖縄の人々の苦しみだけが残る。#ihara #kichi #iwakuni | トップページ | 0624防衛大臣が山口県知事を批判:「普天間の見通しが立たない中で、岩国基地への先行移駐は認められない」とする知事に対して、防衛大臣は「評論家的なことを言うべきでない」と強く批判。知事の方が筋が通っている。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「地球平和を希求する日本国民の自裁自決=賢者の道」

日本が真に独立した国民主権国になるためには、地位協定破棄が絶対に必要である。

世界平和を達成するためには、愚かな戦争の狂犬に決して餌をやってはならないのは、太陽よりも明らかな地球自明の理である。

投稿: 通りがけ | 2011年6月24日 (金) 09時17分

確かに知事の言葉は今は理に合っている
裏があるだろう

が、今でいい
今、今、理に合っている

それを岩国市民がどう受け止めるか

主権在民の精神を忘れてはいけない

投稿: ピース | 2011年6月25日 (土) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/52026062

この記事へのトラックバック一覧です: 日米協議(2):山口県知事「普天間基地移設の見通しが立たないうちに、空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」今回再編の主要部分が大幅に修正され「パッケージ」が完全に崩れたわけであり、岩国問題も原点に返って見直すべき。:

« 日米協議:2014の完了時期は撤回されるも、普天間基地の移設案は現行通り。このままでは何も進まない。沖縄の人々の苦しみだけが残る。#ihara #kichi #iwakuni | トップページ | 0624防衛大臣が山口県知事を批判:「普天間の見通しが立たない中で、岩国基地への先行移駐は認められない」とする知事に対して、防衛大臣は「評論家的なことを言うべきでない」と強く批判。知事の方が筋が通っている。 »