« 横須賀 | トップページ | 大連立の大合唱 »

2011年6月 5日 (日)

大連立に異議あり

 首相の早期退陣が決まると、俄かに「大連立」構想が現実味を帯びてきた。
 参議院で野党が多数を占めるいわゆるねじれを解消して、震災対策を円滑に進めるというのが表向きの理由である。
 確かにそうした点はあるだろうが、仮に自公民を中心にして連立を組めば、国会の大多数を与党が占めることになり、議論を通じて多様な民意を反映させるという国会の重要な機能が失われる恐れがある。
 事実、震災前から連立の議論はあり、裏には、消費税増税を多数の力を借りて一気に進めるという意図も隠されているようだ。
 さらに、短期間とはいえ、震災以外にも様々な政策課題があるが、連立政権としてそれらに対応できるのか、疑問である。

 ねじれは起こり得るものでああり、その都度連立を組むというのは、あまりにも安易な方法である。
 議会とは、激しく議論しながらも、協力すべき時は協力するというのが、本来の役割である。

人気ブログランキングへ

|

« 横須賀 | トップページ | 大連立の大合唱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

松木けんこう氏は一人新党を作れ。
個人献金だけを全国から集めて党資金とすればよい。
どうせ早晩解散総選挙になる。そのとき現政党の候補者を一人も入れないまったく新しい無所属新人だけで新政党の候補者を公募し、「地位協定破棄」「東北大震災非常事態宣言」「「全国原発一斉無期停止」「消費税増税禁止・TPP参加無期延期」・「霞ヶ関解体」「被曝被害農林水産物全額東電買取り補償」を公約にしたら既存のすべての政党議員を総選挙で破って国会から駆逐でき、日本を66年ぶりに独立を回復した国として日本国憲法のもとに復興することができるだろう。

いま野にある竹原信一氏や仙波敏郎氏大河原宗平氏たちが新党を作って総選挙に出馬してくれれば全員既存政党候補を破って国会をきれいにしてくれること間違いなし。もちろん各選挙区に定数分複数候補を立てれば公明党も落選させることが可能だねw

投稿: 通りがけ | 2011年6月 6日 (月) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51867656

この記事へのトラックバック一覧です: 大連立に異議あり:

« 横須賀 | トップページ | 大連立の大合唱 »