« 言葉の使い方 | トップページ | 公務員給与削減 »

2011年5月13日 (金)

メルトダウン

「東京電力の福島第一原子力発電所1号機で、核燃料が溶け落ちる、いわゆる“メルトダウン”が起きていたとみられる」(NHKより)

 “メルトダウン”が今後どのような影響を与えるのか正確には知らないが、今回の事故が相当深刻な状況にあることは容易に想像できる。
 すでにかなり前から“メルトダウン”に至っているのではないかという指摘はされてきたが、東電や政府は認めようとしなかった。
 「まだ~していない」と甘く考えるのではなく、「もう~しているのではないか」と厳しく考えるのが、災害対策の鉄則である。
 状況をきちんと把握していなければ、対策は後手後手に回る。
 原発事故において後手に回れば、被害は計り知れない。

人気ブログランキングへ

|

« 言葉の使い方 | トップページ | 公務員給与削減 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

先日の「言葉」についての題材も踏まえれば、

なぜ急に”メルトダウン”という言葉をメディアが一斉に使い始めたのか?

というところを指摘してほしかった・・・。

というのも、原子力事故で一般的に知られている”メルトダウン”という単語は、いままで意図的(と思いますが・・・)に日本語である「炉心溶融」という言葉で説明されていたからです。

スキームの件とは逆のケースですが、炉心溶融については”メルトダウン”という言葉のほうが一般人に覚えが良く、炉心溶融と言われてハテ?と思った方もいらっしゃったと思います。

災害発生後、事態悪化の前に、段階的な避難指示を出した事などは、すでに過酷事故の可能性に備えたものだと認識しています。
現場は非常に過酷な状態で、状況把握も困難を極めています。そういう中で公言を求められる政府や東京電力は、確証を得られない状態で軽軽に「そうかもしれない」と発言できないのは当然かと思います。

あと、広報的な立場にいらっしゃる方々は、「メディア不信」になっている部分があると思います。揚げ足をとる、誇大表現する、伝えたい情報を素直に報じてもらえず懐疑的になり彼らを頑なにさせている側面もあると思われ、そこは深く同情します。

本文中に「認めない」という表現がありますが、政府も東電も少なくとも「炉心溶融の可能性を完全に否定」していた経緯は無かったと思いますよ。なにしろ炉心を目視できるわけではないですから「わからない」という立場だったと思います。
でも実際のところは、高濃度汚染水から検出された放射性核種、濃度でメルト(溶融)は相当現実味を帯びたという気がします。(つまり2号機、3号機も怪しい)

投稿: TAKE | 2011年5月14日 (土) 00時30分

以前菅首相について正気のオーラが有ると述べたが、派遣村で見かけたときはそうであった訳だ
現在の行動を見ると、堕ちたと言わざる得ない

人間、これをコントロール出来れば相当だが、中々出来まい
私もそうである

だから人間は不完全なのである

投稿: ピース | 2011年5月15日 (日) 17時16分

全て自然に答えがある
神霊からのメッセージを勝手に伝えます

「自然界で何か異常な状態になったら何故即座にそれに対する反応するのか?
それはその悪因が実体化したとき、それを直せる実体も近くに存在しているから
即座に正そうとする動き、意志が起こらなければ何も変わらない
自然を眺め、自然から対処法を学べ」

僕には不必要な情報なので誰かに授けます

投稿: ピース | 2011年5月16日 (月) 10時10分

ある疑問が沸き起こり、その起因が信仰心なのでここに記すことにする

疑問とはある方から私の「美し過ぎる言葉は危険だ」と何度か言われた
その方は現在給料カットが原因で分別付かなくなっている
多分今後彼のために苦労する事になろう
だからと言って彼を見下げる事は間違っている
彼の視点に立てば一理ある。一週間前の通達であり、仮に一ヶ月前だとしても一理あるのには変わりない
常識とは多数が円滑に利便を得るためのルールであり、その利便すら捨てて立ち向かうとき、他と共通項は命以外無くなる。全てが屁理屈に変わってしまう

人間社会の脆弱さはここにある
規則が命の上にある間は不完全このうえない

話が反れた
彼の行為から前段の言葉が意味がないと考えるのは誤りで、事実はだから意味がある
彼は真っ直ぐな精神性を持っている
他人が感じられないものを感じれる

この証が彼の行為の意味である
馬鹿ではあの言葉は言えない

今まで心配だけで見落としていた

意味がある以上私の本質に危険性があることになる
どこだろう

そこで信仰について考える
信仰は神に通じる道であり、宗教はそれが組織だっただけである

以前震災における奇跡を記したが、敢えて書かなかった事がある
亡くなった方もいる
御神体により家が護られた場所は日々体が悪いと聞けば行ってお祈りをしてあげる独りの際立った方から広がったばしょである

私と同じ宗教をしている方がバイト先に居る
が、私はその人を評価していない
何故なら人は組織に属するものでなく、真理に繋がるだけである
組織に属する事で上下関係を重視し、上の過ちを継承している人間は私にはその存在すら意味がない
己の心の醜さに気付かない人間はその存在は無視する
神より組織が上にある
神とは得ようとしても得れないもので、永遠に日々追求しなくてなならない

信仰してようがしてまいが変わらない真実である

私の危険性は誰もが持っているもので、私が一つの気付きを彼に与えたのであの言葉が出たのだ
私が具現しない以上「美し過ぎる言葉は危険」である

投稿: ピース | 2011年5月20日 (金) 00時57分

彼について面白い事を記しておこう

彼は心の色を測れるようで、去年私が『最後の審判』『復讐』について伝えたとき、私の心を救いたかったのだろう
その力を披露した
私は「黒いが何か光が有る」そうだ
「グレー」の人も居れば「黒白」人も居る
その色が何を意味するのかは教えてもらっていないが、必要もないだろう
その時だけ彼には珍しく『他人を図って』くれた。(ニヤリと)彼も他人の目から何かを判断出来る。
一言、「冷たいでしょ!目の輝きが異様ですね」そう言われた人はやはり、言葉で飾っても心は冷たい。昨日はっきり「他人は関係無い。私だけ」と言い放った。悪いとは言えない(『最後の審判』を考えなければ(◎o◎)俺自身も救われるか分からんが(^O^))

その後、「他人を図ると悪いです」と頭に何か来たのか数分苦しんでいた

私は彼とは出会うべきして出会ったと感謝している
彼の今の苦しみは彼のため当然彼の力で乗り越えなければならない

また、人間表面だけ評価しても全く意味がなく、奇想天外な言動する裏には霊的な何かがあるのである

私が以前『猿』と言っていたのが彼だが
外道、唯物主義者、犠牲者、エテ公
散々こけにし、脳細胞を刺激しようとしたが、どだい全く道が違うので通じなかった。

私は私 彼は彼
互いの霊的な道を進めば良い
目に見えるもので束縛されて生きるのは、そこに束縛感が発生する忍耐は霊体を歪な成長にさせる
私はこの真理から来る人間の脆弱さを、「なるべく他人の為に生きる」事で回避しようと試みている、いわば偽善者である。
真理を知っている(知っていると思うことは危険だが、思ってしまうから仕方ない)から、ほとんど他人にどう思われるか気にしない
救いは『どれだけ他人の為に生きられるか』だけで、その実態だけが私を救う

彼はこの考えとは別な真理の道を探求しているわけで、何とも私は彼に対しては致し方なし

投稿: ピース | 2011年5月20日 (金) 06時03分

因みに福島原発については初めから私は「今回は警告」と言っている
人間が現在強烈な罪を重ねなければひとまず大丈夫
「強烈」「ひとまず」
ふたつの修飾語の意味は?
旦那~!それは言葉では伝えられませんぜ~

言葉は無力
言葉は只
言葉は脆弱

ピースフル 万歳

投稿: ピース | 2011年5月20日 (金) 06時18分

寝た寝た ぐっすり

そこで改めて今朝の問題を心霊研究家として説明しよう
ガガーリン

さて現代、至る所に人権迫害の要素があり、その根は国家の枠を超えたモンスターから発しているのは説明する必要はあるまい。
心霊研究家としてもこれは話題にしない
ガガーリン

私が話題にするのは神の要求である

今巷にお金に困っている人がどれだけ居るか!
人間的に考えれば、「革命しかない」世界的な運動でモンスターを滅ぼすか、おさめる以外無い

しかし私は心霊研究家
神様のニーズは「お金でない価値観を見つけよ」である
我慢して働くのも良くない
働くニーズである
『神のために働くための形式だけの労働』
これを極める必要がある

神は人間だけのために働かず、万物のために働いている
人間は万物の中に存在している
よって人間は神のために働く必要がある

他人に愛を
自然に愛を
勿体無い
土の力を最大限生かした農業

書き出せば切りがないほどの仕事がある

心霊研究家としての一言

『全ての答えは霊界に有るが、霊界は手に取れないし、目に見えない。そのため、初めは「全ての答えは自然にある」から初め、実態として目に見えない何かがこの世に影響を与えている経験を重ねれる度に真理に近づく』
と述べる以上の言葉は無い

投稿: ピース | 2011年5月20日 (金) 15時57分

神を力に
誠を杖に
進む身は
世に恐るるもの
なきを知りけり

投稿: ピース | 2011年5月20日 (金) 18時24分

先程の言葉は彼に捧げる言葉である
が、直接伝えれば無視される。説明出来るわけがない。

しかし、相変わらず彼の目は澄んでいた

霊体は神に属するもので人間がどうこう言えるものではない

新たな発見ではあるが
自分のものに出来るか!

此処に記しているのは貴方の霊体を認めているからで、誰かに伝えねば私の伸びしろは小さく成るのだ

彼への神の御守護を心の中では祈っている

投稿: ピース | 2011年5月20日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51662906

この記事へのトラックバック一覧です: メルトダウン:

« 言葉の使い方 | トップページ | 公務員給与削減 »