« 政治の嘘? | トップページ | 参議院行政監視委員会・小出裕章 »

2011年5月24日 (火)

海水注入問題

 海水注入が中断されたことについて、官邸は知らなかったとしているが、いかにも不自然である。
 政権維持のため、或いは保身のために嘘をつき国民をごまかしているとすれば、ことは政治の信頼性に関わり、今後の危機管理の対応にも影響する重大事である。
 若干の誤りがあったとしても、政権として最大限の努力をしてきたというのであれば、どうして真実を語ろうとしないのか。

 一部マスコミや評論家の中には、過去の経過を問題にするのではなく、今後の復興対策に力を入れるべきだとの論調がある。
 復興対策が大切であることは言うまでもないことだが、震災発生直後に官邸は機能していたのだろうか、原発事故はいまだ進行中であり今後の対応にも関わってくる。

人気ブログランキングへ

|

« 政治の嘘? | トップページ | 参議院行政監視委員会・小出裕章 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

当たり前です

嘘とは『不自然な日常』から産まれるわけです。
彼等は『不自然な日常』に居る自分に嘘を付いているので、他人にも平然と嘘をつけるのです

投稿: ピース | 2011年5月26日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51762039

この記事へのトラックバック一覧です: 海水注入問題:

« 政治の嘘? | トップページ | 参議院行政監視委員会・小出裕章 »