« 政務調査費を義援金に | トップページ | 党首討論 »

2011年5月31日 (火)

内閣不信任決議案

 党首討論を経て明日6月1日にも、内閣不信任決議案が提出されるという。
「こんな大変なときに、何をやっているのか、けしからん。そんなことをしている暇があったら、与野党協力して復興対策に当たれ。」
 多くの国民の偽らざる想いであろうが、ここまで来ると、永田町ではもはや誰も聞く耳をもたず。
 彼らにとっては、権力闘争こそ命、国民は二の次、一種の興奮状態に入っているのであろう。こんな政治を持った国民が不幸である。

 衆議院に不信任決議案が出されれば、すべての案件に優先して審議、採決が行われることになる。
 ここまで来れば、早く決着をつけて次に進む方がましである。
 可決され、仮に解散、総選挙になれば、国民の怒りが爆発するであろう。
 総辞職して新しい連立政権が誕生したとしても、ろくでもない政府ができるだけで何の変わり映えもしないであろう。
 政治を根底から覆さなければならないときが来ている。

人気ブログランキングへ

|

« 政務調査費を義援金に | トップページ | 党首討論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」
5月29日「小沢一郎よ、鳩山由紀夫を警戒せよ」から下記転載元記述部分を転載投稿します。転載元の関連写真は下記URLで。
http://amesei.exblog.jp/13671774/

http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/842.html

=転載開始=
政局が騒がしくなっている。G8サミット終了後にブラッセル滞在中だった菅直人首相は、同行する記者団に自公が上程を模索している内閣不信任案について語っている。ところが、この発言内容、読売新聞と他紙では微妙に内容が違っている。

この鳩山と菅という組み合わせ。すぐに思い出すのは去年の8月末の民主党代表選に小沢を担ぎだして、結果的に党員の不正投票や票の結果を事前に横流ししたことで票の操作を行って、議員票ではともかく党員票で大差での小沢敗北を演出したことだ。この背後には鳩山由紀夫がラスプーチンのように動いている
鳩山由紀夫というのはどういう男か。ひとことで言えば、フリーメーソンである。フリーメーソンとは何か。欧州の秘密結社である。秘密結社とはなにか。思想・利益共同体である。だから、鳩山の思想はヨーロッパ系のコスモポリタニズムであり、日本の地に足が付いているものではない。さらに言えば、鳩山の息子はロシアに居る。ロシアに人質に取られているようなものだ。

 要するに、鳩山の政治判断は欧州財閥の意向を踏まえている。それは必ずしもアメリカではない、ということだ。だから反米の様に見える。しかし、そうではないのだ。その判断のおかしさが彼の首相時の普天間問題の迷走にも影を落としている。弟の邦夫はもう少しまともだ。さすがは田中角栄の秘書だっただけである。

投稿: 22 | 2011年6月 1日 (水) 03時24分

>国民の怒りが爆発するであろう。
>>みな もう爆発しています。

投稿: 津久井万喜 | 2011年6月 1日 (水) 08時53分

如何なる状況でも鈍器は持たないように

投稿: ドン・キホーテ | 2011年6月 1日 (水) 12時25分

キリストは言われた
「『お前たちは4ヶ月後に刈り入れが出来る』というが、私は今でも種を蒔き、ここに居る者たちは刈りとる。刈りとる者も種を蒔くものも共に喜ぶ」

勿論、天に在す父上から授けられた種の事をいい、チンプンカンプンですが

煮たような事かと

投稿: ピース | 2011年6月 1日 (水) 12時37分

①妖怪どもの幻術に惑わされない正気の種を蒔く。沢山蒔く。蒔く、蒔く、蒔く
②じっ~と待つ。待つ、待つ、待つ
③煮えてくると、フツフツフツ言ってくる。仏、仏、仏
④煮たったらきちんと格調高い器に彩り良く盛り付ける

・・・・・・・・・

④が俺には無理だな
誰でも無理じゃないか?
誰もがガンジーに成れば良いのかも

ガガーリン

投稿: 革命のためのレシピ | 2011年6月 1日 (水) 12時48分

あほ国会自滅解散を復興に役立てる方法がある。


「逮捕逃れの解散総選挙」

菅は総理大臣を辞めたら即逮捕される。それを先延ばしにするために解散総選挙を必ず選択する。

そして新年早々からいつでも無免許犯罪政治内閣不信任案を提出できたのに今に至ってもまだ自分で不信任案提出しない小沢氏は、新党を作っても有効な反菅反小泉政策を出せず民主党の駄目イメージを拭えず菅もろとも選挙で敗れ去るだろう。離党のタイミングが遅すぎた。1月に離党しとけば勝てたのにね。

もっとも、昨年の菅内閣発足以来内閣不信任案を出すことだけが存在意義だった野党小泉詐欺師手下集団も、いままで不信任案出さなかったんだから菅犯罪政治の共犯者という点では与党議員よりも情状的に犯意悪質かもしれないね。

菅は選挙で落選しても新内閣が発足するまでは首相の地位にとどまれるので、選挙期間中は選挙運動そっちのけでその間に首相権限と不逮捕特権を利用して自分の犯行の証拠隠滅工作に精を出すだろう。約1ヶ月の間菅の動きに注目だね。

でも結局は逃げ切れない。なぜなら福島原発事故の重大刑事犯罪の共犯者である東電と保安院の両者がかならず訴追され有罪となり、菅内閣との証拠隠滅工作共謀を自白供述するからである。

犯罪者同士の信頼関係などもろいものだからね。総理でなくなったらただの犯罪者である菅くず直人の保身のために共謀して証拠隠滅した犯行を黙っておいてやる義理などこれっぽちもないわけだ。ましてや保安院をトカゲの尻尾切りにして憲法テロリスト集団霞ヶ関本体の闇権力を守りたい人事院にしてみれば、菅を逮捕させて世間の注目をそちらへ集めてなんとか逃げ切りたいだろうからね。

菅はアメリカスパイ霞ヶ関の思う壺にはまらないためには、地位協定破棄動議を不信任案提出にぶつけて可決させれば、霞ヶ関の闇権力を無力化することができる。米軍の治外法権がなくなればスパイの後ろ盾がなくなるからね。
まあ窮鼠猫を咬むと面白いんだけどな。空き缶だからそこまで頭が回らないか、やっぱし。

とりあえず東電と保安院を整備不良原発運転してメルトダウンの重大事故を起こした刑事重過失犯だから国会に関係なく逮捕、ね。

投稿: 通りがけ | 2011年6月 1日 (水) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51821383

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣不信任決議案:

« 政務調査費を義援金に | トップページ | 党首討論 »