« 米軍再編のごまかし(3) | トップページ | 外交の実態 »

2011年5月 7日 (土)

官僚の驕り

 ウイキリークスにより公表されたアメリカ大使館の公電の中に、次のようなくだりがあるという。
 政権交代直後の2009年10月、普天間問題の協議のため来日したキャンベル次官補に対して、高見沢防衛政策局長が「米政府は、民主党政権に受け入れられるように再編パッケージに調整を加えていく過程で、あまり早期に柔軟さを見せるべきではない」と助言した。
 さらに、同年12月、外務官僚らは「米政府は普天間移設問題では民主党政権に対して過度に妥協的であるべきではなく、合意済みのロードマップについて譲歩する意思があると誤解される危険を冒すべきでもない」と強調したという。

 つまり、普天間の県外国外移設を目指す民主党政権の意思に反して、官僚がアメリカ側に対して「妥協するな」と助言していたとは驚きである。政権とその背後にいる国民に対する裏切り行為である。
 彼らはどうしてこのような行動を取るのだろうか。自分たちが外交・防衛の専門家であり、従来の方針が正しい、を変えたくないという独りよがり、驕り、あるいは保身であろうか。

 本郷で春の懇親会を開催した。近くの「山代の里」(農作物の直売所」ではお祭りがおこなわれており、採れたての野菜や手作りの寿司などが並んでいた。

0507

人気ブログランキングへ

|

« 米軍再編のごまかし(3) | トップページ | 外交の実態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

仏語に『六道の辻』というものがある
『天界』『人間界』『修羅道』『畜生道』『餓鬼道』『地獄』であるが
死んでいく場所かも知れないし、生きてる上での肉体に属さない部分でのカテゴリーをあらわしているのかも知れない

私は大分『修羅道』に居たわけだが、今と心のキャンパスの風景は全く異なる

真っ暗だね
復讐のみが力だった

パレスチナ、イラク、アフガニスタン、または虐げられている労働者の声や映像をみるたび(常にではないが)涙する毎に『人間界』に戻っていたのかもしれない
憤りは『修羅道』に通じるから危険である

『修羅道』でも見えるべきものが見えなかった。
『餓鬼道』なら尚更だろう。『餓鬼道』に落ちたら『人間界』には戻れまい。これからの全生涯を鬼の世界で過ごさずばなるまい!
神のお許しが有れば別だが
その証拠は何故見えるべきものが見えないのかである

現世における罪穢れを積み重ねて権力と富を手にしても、死ねば一瞬にして崩壊し、その後は地獄世界が待ち受けている
私達が引きずられないためには、この点を認識し、無意識下で人間のまま生きたいからこれらの悪因を否定したがる事に気付かなければなりません
善人だからではなく、自己防衛本能が正常に動いているから否定出来るのです

ちなみに『天界』と『神界』は異なり人間は神には成れない
卓越した奇跡は起こせない
自身を光り輝く場所に導くか、周りや仲間と一緒にその場所に行くか

私達はまだまだ知らない事が多すぎる

投稿: ピース | 2011年5月 8日 (日) 07時26分

先程の理は自説である

信じようが信じまいが関係ないが
石巻での事実
津波に襲われた広大な地域で浸水状況を地図にしたものがある
そこに小さな半纏がある。浸水を免れた場所だ。
ある御神体が幾つかある地域は浸水を免れている。そこの標高が周りより低くてもである

信じられないであろう。水は高いところから低いところへ流れる

大いなる意志は救えるものは救いたいのだ
しかし奇跡を起こしてもらうには資格が要るのだろう

私はプロパガンダするつもりはない

霊的なメッセージとして大いなる意志からは私はまだ認められていない

如何なる事が起こっても、救われる道がここにある
私がその道の只一粒を摘み取れ、それを明かせれば良いだけだ

広げるのは人間の仕事
卓越した救いの業は大いなる意志の仕事

ただそれだけである

投稿: ピース | 2011年5月 8日 (日) 10時37分

腹を割って話す時期だと思う

私の奇跡を如何に述べよう
何故私が輪廻転生はある、死んで終わりではないと確信しているかである

私はある宗教と縁がある。創価学会ではない。ここでも悪口を述べたと思う。
しかし、私はその御神体の力は知っている。

御尊エというものがある。キリストの像やマリアの像を思えば良いだろう。
昨日はそこに参拝していたのだが、御神体近くにある御尊エの顔が変わるのだ!
私がそう思うからではなく、明らかである。が他人にはどんなに説明しても理解出来ず、私だけが分かる奇跡である。

誰かがある理を話し出す。私はそれがどんなものかは知らない。しかし御尊エの顔が「お前分かるか」みたいな少し笑みをこぼした顔に変わる。人間の視野は結構広い。その方角を見てなくても仰角60度位の範囲は分かるだろう。もしかしたら、それが分かる自体が尋常でない事かも知れない。

私は長らく誰にも言わず隠してきた事である。私だけの奇跡として秘密にしてきた。(十年以上ご無沙汰で今年から月一で行くように成ったが、そんな些細な事は関係なく、心の奥だけを見ているようだ)

しかし。やはり世界を救いたく、その前に日本を救いたい。

大いなる意志といおうか、私が感じるものは
「お前は私の力をまだ分かってないだろう。
まぁ精進するんだな
お前はまだ認めれない」
である。

まぁ、関係ないね
精進していけばいい
黄金の林檎を手に入れ、その種を分け与えればいい

怖いことが起こり続けるかも知れない。
しかし、その事象だけにとらわれて恐怖だけしても駄目である。その理を理解し、その原因を理解し、対処して行かなければ乗り越えられない

が、大いなる意志はひとりでも多く救いたがっていて、種を捲き育てるのは人間の仕事!

敢えてここに記し
自分を追い込もうと思う

投稿: ピース | 2011年5月 8日 (日) 11時20分

「国会議員全員クビ」

まだ内閣不信任案出さないのか。
あきれたバカ議員ぞろいだ。
政局ごっこは政治不在の証明だ。
こんな世界一恥さらしな三権+マスゴミ癒着談合嘘つき泥棒くそ政府なんぞ日本にいらん。

東北の復興に泥棒官僚国家の官の力は百害あって一利もない。
民の力だけで復興させる。官からはいままで談合や天下りで貯め込んで肥え太った私腹を霞ヶ関解体して全部吐き出させて莫大な賠償金を国民へ支払わせてやる。

地位協定もさっさと破棄しないと今度は日本が狂犬米軍が仕出かしたリビア攻撃やUBL暗殺等の悪事の仕返しテロ標的にされてしまうぜ。原発もいっぱいあるし、日本国民にとって危険極まりないバカ政府の火遊びオバマ隷従植民地外交だ。

投稿: 通りがけ | 2011年5月 8日 (日) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51609422

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚の驕り:

« 米軍再編のごまかし(3) | トップページ | 外交の実態 »