« 愛宕山に仮設住宅を | トップページ | 宮崎にて »

2011年5月 2日 (月)

テロとの戦い

 オバマ米大統領は、国際テロ組織アルカイダの最高指導者、ウサマ・ビンラディンを殺害したと発表した。
 アメリカでは、ホワイトハウス前やニューヨークなどに大勢の人が集まり、祝賀ムードに酔っているが、そんなに単純に喜んでいいのだろうか。
 テロは許されないことであるが、彼らにとっては宗教戦争なのであろう、今後世界中でテロが増加するかもしれない。
 オバマ大統領は、世界中のアメリカの施設に対して警戒するよう指示したという。岩国基地もすでに警戒態勢に入っているに違いない。
 あの9.11テロの際には、岩国も狙われるのではないかと急いで市役所に駆け付け情報収集に当たったことを今でも鮮明に覚えている。
 岩国は、基地を通じて世界と直接つながっているのである。

0502

 

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山に仮設住宅を | トップページ | 宮崎にて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

間違いを指摘しましょう
①『宗教戦争』とは何を指すのでしょう
一例を挙げれば『十字軍』ですが、あれは既得権益を拡大しようとしたバチカンが神の名を利用した遠征でした。一億歩譲ってキリスト教文化圏への侵略を防ぐためだったとしても、あの頃のバチカンは大司教を選出するシステムが日本の最高裁選出と同様に欠陥品でした。
イスラム軍のヨーロッパ侵略もトルコという国家の領土拡大欲の表れでして、支配地域での改宗はしてもしなくても良く自由でした。改宗すれば税が免除されただけです。
仮に『宗教戦争』をその宗教を広げるために起こす戦争と敢えて間違って定義しても、彼等はそのよいなニーズは有りません。
②テロとは何か
①と関連しますが、彼等は彼等なりの信条で許せない事があり、それに抵抗するのに相手は巨大でテロ行為でしか対抗出来なく、ぎりぎりの選択だという事です。それでも暴力行為、人の命を奪う行為は許されませんが、イスラエルの暴虐を国際社会が容認している限り亡くなりません。
彼等だけが悪いわけではないのです。
③ラディン死亡のニュースすら私は疑っています。既に死んでいたでしょう。
何故そねようなニュースを流したか!
私は単なる挑発だと読んでいます。
オバマの後ろに誰が控えているのか!
私はそっちの方がそら恐ろしいです

投稿: ピース | 2011年5月 3日 (火) 05時42分

調子こいて書いておこう
9.11陰謀説が私の以前からの持論である
ピーンときたのはツィンタワーの崩れ方
あれは一カ所が崩壊して崩れたのでなく、幾つもの支柱が破壊されて崩れた
そこに事件をテレビで見たときから違和感を持っていた
その後色々な情報を知って今は確信している
①ペンタゴンに突っ込んだ飛行機があの箇所にすっぽり入った事
パイロットが犯人でなかったなら、仮に被害を最小限に抑えようとするならその手前に墜落する。
パイロットが犯人でアルカイダなら、なるべく被害が大きくなるように墜落する。なにも帳簿がある部屋を目掛けてスッポリと墜落しない。
②ツィンタワにダイナマイトが仕掛けられていた点。
アルカイダの動きを利用したとする考えは過ちである。仮に以前からターゲットを知っていたとしても、途中でターゲットが代わる可能性がある。代わったら、ダイナマイトを仕掛けた事実しか残らない。発見されれば大問題である。
つまり、ツィンタワにダイナマイトを仕掛けた者はあのミッションを支持できる立場にいた!
勿論アルカイダは仕掛けられない

①はなんとなくあげた。ウルトラC級の暴論には対抗出来ない
②の要因はどの方面から否定しても否定出来ない

実証が表に出て来ないだけで、私は9.11はアメリカの一部の上層部(単に国籍がアメリカだと思ってる方々)の陰謀だと固く信じている

投稿: ピース | 2011年5月 5日 (木) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51561857

この記事へのトラックバック一覧です: テロとの戦い:

« 愛宕山に仮設住宅を | トップページ | 宮崎にて »