« 地方公務員の給与カット | トップページ | NLPについて »

2011年5月17日 (火)

NLPの新たな基地

  久し振りに「馬毛島」の名前を聞いた。
 鹿児島県の種子島沖にある島で、以前から空母艦載機部隊のNLPの恒常的訓練基地の建設場所として取り沙汰されていたが、今回再び、その候補地として検討されていることが報道により明らかにされた。
 そもそも、米軍再編では、艦載機部隊の移転とともにNLPの恒常的訓練基地の建設が一緒に盛り込まれ、後者は2009年7月までに決定するとされていたが、まだ何も決まっておらず、依然として地元の反対は根強く、状況は何も進展していないようだ。
 このまま艦載機の移駐だけが先行実施されてしまったら、いずれNLPも岩国で行われる危険性大である。
 わずかなお金をもらって国の言いなりになっているのではなく、NLPの新たな基地がどこに、どのような形でできるのか、またできないのか、重大な関心を持つべきである。

人気ブログランキングへ

|

« 地方公務員の給与カット | トップページ | NLPについて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51700341

この記事へのトラックバック一覧です: NLPの新たな基地:

« 地方公務員の給与カット | トップページ | NLPについて »