« 米軍再編のごまかし(2) | トップページ | 官僚の驕り »

2011年5月 6日 (金)

米軍再編のごまかし(3)

2008年12月19日付のアメリカ大使館から本国宛の公電によると、
沖縄海兵隊のグアム移転に関する経費総額102億ドルの中に、本来必要のない「軍用道路整備費」10億ドルが含まれているという。
 「全体の費用見積もりを増やし、日本側の負担割合を(数値上)減らすために盛り込まれた」とその経緯が明確に記載されている。
 国内にある米軍基地の様々な経費を賄う「思いやり予算(約2千億円)」でさえ多くの問題を抱えている。その上に、グアムというアメリカ領土の基地建設費用を我々の税金で賄うことができるのか、その負担割合が高すぎる・・・など、当時大問題になったのである。
 そうした中で、国民の反発をやわらげるために、日本側も了解のもとに数字の操作が行われていたわけである。
 当時野党であった民主党は、確かこのグアム移転協定に反対したはずであるが、政権を取ったら豹変して、自民党政権のごまかしをそのまま追認してしまうのであろうか。

 山口県立大学で、環境をテーマに、政治の欺瞞、ごまかしについて話をする。

人気ブログランキングへ

|

« 米軍再編のごまかし(2) | トップページ | 官僚の驕り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主党だけが悪いわけでは有りません

元々①政党としての指揮命令系統がしっかりしてるか②何のために反対しているか、対案は考え抜いたものか③考え抜いたものなら協力出来る事は何か
この思考のプロセス無しに野党時代を見ていました。政権交代のときは投票に行きませんでしたがo(`▽´)o
あのとき大勝させた責任、その前から、今後も有るのではないでしょうか

今魔法の杖が有れば
選挙の本質を変えれば
①金のかからない選挙
②誰もが立候補出来る選挙
③政党主体でなく、理念主体の選挙

政治は少しはまともになるでしょう

でも持ってないので地道に積み上げなければなりません

その為には政治家ではなく、私達の価値観と実体が大切になると思います

私は自信が無いので神様にお祈りしてきますよ~
(-^〇^-)

投稿: ピース | 2011年5月 7日 (土) 08時15分

仏語の『色即是空』の空とは外界との全ての枠を外した状態
私が黄金の林檎を食らわねば、他人に進める事は出来ない

今は無限
点は全体
一瞬で刹那刹那を外界のあらゆる変化を捉えて生きる

私のゴールである
ガンジー以上になりたい
何故ならまだ原発は無かったから

そのためには如何なるものも利用する
俺が利用するの
(-^〇^-)

投稿: ピース | 2011年5月 7日 (土) 08時48分

原発ジプシーという言葉があります
今回の事故だけでなく、数十年間原発の配管など設備の老朽化を修復するため、廃炉を掃除するため多くの方々が被爆し死んでいったでしょう

私達は今現在も彼等の死の上に生かされています

福島原発のメトルダウンを止めるため多くの家族と音信不通であるプータローや前科者が亡くなるでしょう
そしてそれは過去から続いてきた事
原発は悪魔の申し子

人の命を喰らって存在している
推進者達もそうであるし
私達も無意識のうちに荷担して来た

この事実を考えると、彼等が原発停止を認める事は自分達の破滅を意味するので如何なる手を使っても妨害します

しかし、事実の一部は明るみに
その一部を知っても全廃が出来なければ我々も罪人である
私はここ数日以上ずっとこれを考えていた。卓越した結果が欲しい。

卓越した光が人の心を照らす事が出来れば、人々の心に闇から逃れる道を与えられる
理屈ではない
実体!
迅速に変えるには自己満足は捨てなければならない
卓越した誰もが得られる力が必要だと思います

投稿: ピース | 2011年5月 7日 (土) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51599575

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍再編のごまかし(3):

« 米軍再編のごまかし(2) | トップページ | 官僚の驕り »