« 大連立 | トップページ | 選挙に関する情報 »

2011年4月 5日 (火)

選挙の意義

 県議選が告示され、すでに中盤に差し掛かっている。
 一般的に県議という存在は市民に遠く、投票率はいつも60%程度と低い。
 しかし、市民が関心を持ちきちんと選択しなければ、いつまで経っても政治はよくならない。
 政治を変えるためには、まず投票に行くことである。

 そして、一人ひとりが自由に考え判断することが大切である。
 ひとに頼まれたから、社長の指示、業界の締め付け、或いは政治家による締め付け・・・
 監視されていて集会に出られない・・・
 特定の候補に投票するよう強要することは違法な行為である。誰が何と言おうと、最後は自らの判断で投票す

べきである。
 投票の自由は、誰も侵すことができない憲法上の権利である。

人気ブログランキングへ

|

« 大連立 | トップページ | 選挙に関する情報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

正にその通り

投稿: ピース | 2011年4月 9日 (土) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51312641

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の意義:

« 大連立 | トップページ | 選挙に関する情報 »