« 愛宕山に仮設住宅の建設を! | トップページ | 震災復興対策の財源(2) »

2011年4月22日 (金)

震災復興対策の財源

 当面の震災対策を目的とする4兆円規模の第1次補正予算が閣議決定され、国会に提出された。さすがに野党も賛成する予定で、5月2日には成立する見込み。
 しかし、その財源の大部分は、基礎年金の国庫負担にあてる予定だった独立行政法人や特別会計の「埋蔵金」であり、当座しのぎに過ぎない。
 国民が一致協力して震災復興に当たるべきであり、まず、ダムや道路、新幹線などの無駄な公共事業を中止するなど、予算の組み替えを大胆に行い、必要な財源をひねりだすことである。
 このような非常時でもアメリカに遠慮しているのであろうか、防衛費の削減という話が全く聞こえてこない。これとて例外ではないはず。
 増税などという話はまだまだ早い。

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山に仮設住宅の建設を! | トップページ | 震災復興対策の財源(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「アホ国会は9時5時週休2日のアホお役所か?」

>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/04/post_2047.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>警戒区域だから危険、そうでない地域は安全だと単純に言い切れないほどの放射能汚染が広がっているのに、政府はいまだその全体像をあきらかにしてません。
明らかにすることもなく、公権力を行使しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

非常事態宣言も出していない非有事の平時態勢下で政府が国会決議も無く国民の自由な移動を政令で強制的に制限すること自体が憲法違反の特別公務員職権乱用および行使執行すれば暴行凌虐となる。最高裁はただちにこの政府通達を違憲立法審査し、国会は直ちに違憲通達行政内閣を粛々と弾劾解職せよ。

また福島第一原発から事故で炉外へ漏出した放射能に被曝した被災国民は直ちに東電と保安院に対して業務上過失致死傷罪で刑事告発し同時に民事でこれまでに受けた損害全額について慰謝料上乗せして損害賠償請求訴訟を起こせ。

対米隷属小泉内閣以来政府を乗っ取ってのさばる憲法犯罪者法匪霞ヶ関官僚政治を日本国憲法にのっとってすみやかに断罪せよ。
こいつらの後押しを受けた戦争の犬米軍は今日もリビアで日本国憲法が世界へ向けて放棄宣言した武力を用いて軍事侵攻を続けている。

小泉型対米隷属法匪官僚による米占領軍ファッショ政治を地位協定破棄国会決議で対米独立達成して日本国内から一掃せよ。

投稿: 通りがけ | 2011年4月23日 (土) 13時25分

本日も勝手に進化論について述べてみよう

進化論は「環境の変化に対応した進化をしてより優秀な種となる」という事を述べているのではなく
「環境の変化に対応した進化した種が残る」事を意味する
大きな違いである
進化論は偶然性を多分に含んでいるのだろうか?
遺伝子のレベル、それより微細なレベルで環境の変化を捉え予測し進化するとしたら何も偶然性は無い
予測の部分が偶発的でそのため取捨選択が行われてきた?
細胞にも意志はある

偶発的な要素はあるのだろうか!


私の言わんとする事を分からない人は関係ない
分かる人は幸いだと自負している

投稿: ピース | 2011年4月23日 (土) 20時37分

ひとつ質問があり

私は眠らないと1日が死んでしまう

しかし悩みで眠れず1日をこなせる人がわりかしポツポツ居る

私の支障なのだろうか
想念が弱いのだろうか

私には正気が少ないのだろうか

投稿: ピース | 2011年4月24日 (日) 00時34分

昨夜は「分からない人に分からせる事が大切」の言葉が引っ掛かった。「分からない人は分かりたがっている。レベルを下げるのでなく、分からせるような努力が必要」
確かに正論であり、言葉にではなく、話している眼光に真実を見た

が、根っからの悪人も居て、環境や境遇や人間関係から悪の道に突き落とされている方々の言葉が目立つ

が、そもそも「種を捲き、土を耕し、雑草をとり、収穫を手で取らずば天の恵みは授からない」

かといって邪鬼のように邪魔をする輩を天下に変わって許せない

邪鬼は大いなる意志が人間を善化させるために敢えて逆なものをこの世に送るとも言われる
が、「そうかそうか」と思うだけなら国は滅びるレベル0である。『パンドラの箱』に最後に残ったのは、微かな声で「わたしを出して」と囁いた『希望』である。この状況は今の状況を誠に言い当てている。

しかし、そのストレスに負け、「分かるものだけ」と考えるのも間違っている。
主張を曲げる必要は無い。現実だし、事実だし・・・

が、多くの煽動屋「そんな難しい事を考えなくても大丈夫だから」と死の安心感を振り撒いてその灰を享受してなく
本当は不安で震えている方々に道を示さないといけない

『亡国』を叫ぶ前に遣らねば成らない事がある

投稿: ピース | 2011年4月25日 (月) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51467350

この記事へのトラックバック一覧です: 震災復興対策の財源:

« 愛宕山に仮設住宅の建設を! | トップページ | 震災復興対策の財源(2) »