« 震災復興対策の財源(2) | トップページ | 統一地方選 »

2011年4月24日 (日)

農作業

 家内(井原すがこ)の実家では、田植えの準備が始まった。パイプをつないで山の水を引き、耕運機?で耕し、トンボのようなもので平にしていく。
 一面に水を張ったたんぼでは、カエルたちのたちの大合唱が始まる。
 畑では、指示に従い、ナスやキュウリ、ピーマンなどを植えていく。
 タケノコ取りは、いつも私の仕事。今年は寒いせいかあまり出ていない上に、猪も出没するので、収穫が少ない。
 手を休めてふと見上げるとケヤキの新緑がまぶしく、耳を澄ますとウグイスの鳴き声。慣れない農作業は決して楽ではないが、周囲の自然と一体となるようなこの瞬間が好きである。

人気ブログランキングへ

|

« 震災復興対策の財源(2) | トップページ | 統一地方選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「ジャーナリズムは現場の事実取材を理性で組み立てる作業からのみ生まれる」

日本のマスメディアが持たない理性=ジャーナリズムがここ長周新聞にだけ存在する。そして理性が働けば真実は一点に収束する。

>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/index.html

最近の主な記事
  
<論壇>国民に復興財源出させる火事場泥棒の米国と財界 (4月22日)

生産者主人公の国作りに活路 被災地の現状と立直し課題 (4月20日)

<狙撃兵> 処罰されるべき殺人行為 (4月20日)

菅政府の震災対応 「復興」看板にした大増税 (4月18日)

<狙撃兵> 首つりか被曝死かの選択 (4月15日)

行政マヒし沿岸漁村手つかず 宮城県石巻市や女川町 (4月15日)

<論壇> 原発災害からの復興は民族独立精神の復興から (4月13日)

南相馬市と飯舘村の農家 故郷捨て原発難民にはなれぬ (4月13日)

福島原発被災民 見通し立たぬ避難に怒り充満 (4月11日)

原発震災の現地からの報告 放射能で周辺漁場が大打撃 (4月8日)

投稿: 通りがけ | 2011年4月25日 (月) 01時35分

え~な え~な え~な

投稿: ピース | 2011年4月25日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51487118

この記事へのトラックバック一覧です: 農作業:

« 震災復興対策の財源(2) | トップページ | 統一地方選 »