« 原発政策の検証(3) | トップページ | 震災復興対策の財源 »

2011年4月21日 (木)

愛宕山に仮設住宅の建設を!

 4月4日、愛宕山を守る市民連絡協議会から山口県知事に対して、「愛宕山に東日本大震災被災者のための被災者支援住宅の建設を求める緊急提言が行われた。
 21日に開催された「愛宕山を守る集い」において、岡村代表からその後の状況が報告されたが、山口県は何もする気がないとのこと。
 震災後1カ月余りを経て復興対策として今求められているのは、仮設住宅の建設である。ところが、土地のないことがその大きな障害になっているという。
 愛宕山にこのために用意したかのような格好の場所があるではないか。すぐにでも建設に着手できる45ヘクタールもの広大な用地である。数百戸の米軍住宅の建設が可能ということであり、仮設住宅であれば、おそらく数千戸の建設が可能ではなかろうか。
 震災からの復興が国を挙げて取り組むべき最優先課題であることに誰も異論はないであろう。であれば、愛宕山を有効に活用しない手はない。
 山口県知事と岩国市長の賢明なる判断を求めたい。

人気ブログランキングへ

|

« 原発政策の検証(3) | トップページ | 震災復興対策の財源 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あんた 侍だわ
見事 見事

投稿: ピース | 2011年4月22日 (金) 00時18分

私達人間の命は尊いのでしょうか?
私達が人間だからそう思うだけなのではないでしょうか
尊いと思う事を否定しているのではありません

原発は無くならないでしょう
ならばこの領域に私達は踏み入れなければならないと思うのです

国民の総意が怖がるだけで改善しようという意志が無い以上
極僅かな人達に私達が翻弄されて良いのでしょうか?

私達の命は私達ひとりひとりが護らなければならない時代が来たと思います

投稿: ピース | 2011年4月22日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51454814

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山に仮設住宅の建設を!:

« 原発政策の検証(3) | トップページ | 震災復興対策の財源 »