« 原発政策の検証 | トップページ | 原発政策の検証(3) »

2011年4月19日 (火)

原発政策の検証(2)

 「国民に情報を出したら反対するので、できるだけ知らせない」
 これまでの政治の姿勢である。
 国民に肝腎な情報を隠す一方で、お金や圧力で住民を分断し、原発などの政策を強引に実施する。住民の意思で政策が決定されるという民主主義の原則からはかけ離れた、独裁政治と変わらないやり方である。国民から預かった貴重な税金を国民を分断するために使う、本来許されない行為である。
 「選挙の結果が民意である」との反論が返って来るかもしれないが、お金や力で選挙をねじ曲げておいて、その結果が民意であるとはまさに虚構である。
 安心・安全はお金では決して買えない。今回の事故がそれを如実に示している。

人気ブログランキングへ

|

« 原発政策の検証 | トップページ | 原発政策の検証(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「前世も現世も後世も時間は一様に流れる」

小沢氏と市民の座談会から3日目だがまだ国会に内閣不信任案が提出されない。
国会議員が「早急に」というのは一体何時間何日間何ヶ月のことなのか。
日本国の国会は地球上の時間軸で動いているんじゃないのか?
まあ別宇宙の時間軸で国会内が動いているとしても、世間の評価はこの地球の自転の時間軸に基づいて厳然と下される。
後世の世界の歴史の批判では、日本の国会議員全員が国会議員の地位を失うことだけを恐れる卑小な保身のために、主権者国民が菅内閣の暴虐政府に遺棄され日々命を落としてゆくのを座して「傍観し続けた」という史実が淡々と刻まれるだろう。

投稿: 通りがけ | 2011年4月20日 (水) 00時00分

「地球を破壊する戦争の犬(戦争中毒病の狂犬)」

自分と同じ人間に対して原爆を投下しその効果を観察するという狂った人体実験を行った米国軍産複合体政権。敗戦後彼らに擦り寄って取り入ることで米軍の手先となった売国日本人官僚が、狂気の米軍が中国大陸侵略の前線基地として占領した日本列島の国土の傷ついた同朋をさらに痛めつけ続けてきたのが戦後日本である。

建国以来戦争をやめたことがない「黒船」米軍の狂気こそ地球の人災の極致であり、その確信犯の手先である霞ヶ関こそ日本いや全世界の人災の極限の発生装置である。
全世界人類の平和を取り戻すという、地球そのものを人災から救い出すという大目標を達成するために、日本極悪霞ヶ関を徹底的に解体粉砕しよう。

70年足らずの短い期間に人災の極致である核戦争と原発事故に二つながら襲われた日本の国難からの真の復興は、日本国民自身による地位協定破棄・霞ヶ関解体・最高裁解体の三位一体解体破棄なくしては決して始まらないのである。

真理は常に単純明快にそこに存在する。

投稿: 通りがけ | 2011年4月20日 (水) 07時31分

いま、与党は増税のことしか考えていません。
どうして増税の前にやらなきゃならないことをそっちのけで増税、増税なのでしょうか?
そこには、日本の国を良くする事より、自分たちの懐をドサクサに紛れて肥やそうとしているとしか思えません。
原発の安全対策や、安全基準をやり直さなくてはさらなる災害が起こる可能性があるというのに、まず増税?
民主党も、元々自民党だったのだからその程度なのか、あるいは政治家になる=権力を振り回して私腹を肥やす。
そう言う図式が余りにも露骨に見えてしまうのです。
義援金をどう配分するかもうまくできないときに、増税のはなしをするキチガイ集団、それが与党の真の姿でしょう。

投稿: 名無し | 2011年4月20日 (水) 07時37分

歪な個人宗教家としての叫び

皆さんは神を信じません
で、危機的状況になったら神頼み

今回の原発事故の前に公然と流れていた電力会社のCM
「私達は子供達や孫に明るい未来を与えたい。だから真剣に考えます原子力の事を」
今回の事は起こるべくして起こった。既に決まっていた。
逆鱗に触れた。
今回は単なる警告
ただそれだけ

彼等が「電気か原発かどちらか選べ」と言うなら、「命か原発かどちらか選べ」ではなく「電気か命かどちらか選べ」と言いますね

学無いから、電気と命を比べる
本質でしょ
自然エネルギーに移行しても、そのエネルギーをビジネスに利用されたら自然破壊は進行するよ

投稿: ピース | 2011年4月20日 (水) 20時16分

言い足りない
(┳◇┳)

『エコノミックアニマル達への手紙』
子ども達に未来を作ってやるのは当然だ
判断出来ないからねぇ
当然 当然
お前等何考えてんねん(`ヘ´)
おまえ達にも子どもは居るだろう
子ども達の未来を奪ってどうすんねん

今産まれた赤ん坊の未来を守ると言う発想が無いのか!
動物野郎!
お前等は強者とだと言う錯覚から間抜けに成り下がっている

「浜名原発対策=今回の経験を活かし、12メートルだか15メートルだかの堤防を作ること」

動物野郎にしては頭を少し使ったか?
使わない方が良い頭はある
それ以上の津波来たらどうすんや?
死んで閻魔大王に「僕ちん、そんな津波来ると思ってなかったんでちゅ」と言い訳するんか?

多分、多くの民はその嘘気付いては居る
でもどうしようもない不安の中に居るだけだ

まぁこの点は私にも罪は有る。力が足りなかった。が、今は無視をする。

良いか良く聞け!
動物から人間には戻れる
皮だけ人間で死んで楽しいか!
お前等少しはまともな事考えろ!
それがお前等のためでもある
客観に近い主観で考えると、おまえ達は泥沼に嵌り、将来性という点に関しては錯覚をしだし、悪因の積み重ねで正解とは逆の答えを出す奇怪動物に成り下がってしまった。
動物としては憐れみを感じるが、人間としては1グラムも感じない。何故なら人間には責任があるから

私はすいきょう者なので、治療方法を教えよう(-^〇^-)
てめーらの子どもとなるべく長い時間会話しろ!五時間はやれ!てめーらから話題は作るな!ガキども主体の会話をやれ!
一年続けたら少しはまともに成るだろう

なにー!二号三号四号に産ませたから自分の子どもが分からない(◎o◎)

あほ~( ̄・・ ̄)

投稿: ピース | 2011年4月20日 (水) 20時50分

「竹原信一民衆住民至上主義合憲新内閣で救国を」

唯一の国民宰相田中角栄のコンピューターに匹敵するコンピューターを持つ政治家は今現在ニートの竹原信一君でしょう。建築会社経営者経歴の持ち主ですから、日本再生リフォームの設計図もつぼを心得ているでしょうね。
>>http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=201103
etc

投稿: 通りがけ | 2011年4月20日 (水) 21時45分

止まらない

全く視点を変えよう
今パレスチナの地で理不尽に苦しんでいる民が居る
ある因縁説では過去にキリストに理不尽に石を投げたから今苦しんでいるという説がある
私個人はこの説は指示する。そうだと思う。輪廻転生があるなら、今生涯以前の罪を償うのは当然だ。人間の苦しみの原因はそんなところに多く有るような気がする。
しかしである。
私は彼等が罪を購っているからこのままで良いとは考えない。
命の迫害を許しては私がこの世に生きている意味がない。
人間の本質を踏み外した方々を救い出したい気持ちは無いが、糞だめに生きているようで気持ち悪い。
なんとか理不尽に痛めつけられている方々を救ってやりたい。
只の激情かも知れないが、人間として生きたい。
無視はしてはいけないと思う。

翻って原発問題を考えると、多くの日本人は言い訳をしていた事を改めて感じる。
「日本から遠い国の事を何故考えるの」
と言っていた方々は、日本のこの問題さえ的外れな事を考えている。

停めなあかんわ~
多分、メトルダウン起こしていると思うが、これだけで収まっているのを奇跡と思わなぁ
次は無いね!

廃棄物処理の問題
原発停止しても核融合は急には収まらない事を考え合わせ、早急な対応をとる
今すぐ停止
遅れると遅れるだけ大変よ~

投稿: ピース | 2011年4月21日 (木) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51438674

この記事へのトラックバック一覧です: 原発政策の検証(2):

« 原発政策の検証 | トップページ | 原発政策の検証(3) »