« 前原外相辞任 | トップページ | 米国務省高官の発言 »

2011年3月 8日 (火)

井原すがこの活動

 別行動が多いが、マスコミの希望もあり、久し振りに街頭演説や集会に同行した。
 ゆっくりとわかりやすくしようと努力しているようで、集会での話し方は、当初に比べればかなり良くなって

いるという印象であった。参加者の多くの方も満足しているようであった。
 しかし、質疑の状況によっては、時にテンポが早くなり一方的にまくしたてるような調子になるのが気にかか

った。
 比較的短い内容を繰り返す街頭演説は、まだまだ内容に乏しく、聴衆をひきつけるところまでには至っていな

い。

人気ブログランキングへ

|

« 前原外相辞任 | トップページ | 米国務省高官の発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

市政から国政へ。地方選挙から国政選挙へ。根はおなじです。
このブログを参考に貼り付けておきます。

>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-929.html

投稿: 通りがけ | 2011年3月 9日 (水) 13時11分

アメリカとしては、「急いで、日本の衆議院を解散、総選挙をして、小沢一郎たちを落として、はやく、石破茂(いしばしげる)の自民党と 公明党の 政権にすべきだ」 と、判断したのだろう。しかし、もう、間に合わない。 小沢一郎の 戦略勝ちである。 小沢たちを、潰(つぶ)す気なら、昨年の11月に、総選挙をやって、小沢派の若い政治家たちを 半減させておくべきだったのだ。 

 それと、統一教会(分裂している)とか、京都の 恐ろしい”地底(じぞこ)”の勢力 とかの内部抗争が、前原と 野中広務 の地元にあるようである。このことは書かない。

投稿: 222 | 2011年3月 9日 (水) 15時20分

メア氏の発言に怒るなかれ
怒ると豚にはる
ラジオのニュースで良いことを言っている

つまり、日本側のダブルスタンダードがアメリカ政府を苛立たせているという

沖縄においても去年「《どうせ》沖縄に基地が造られるなら沖縄(我々)に旨味を持つように埋立にしよう」と言う沖縄建設業界の言い分があり、鳩山が「海を埋め立てるのは如何なものか」と述べたようだ。
因みに《》は枕詞

メアが見落としているのは、政治の基本
アメリカも基本がガタガタだから仕方なし

政治は市井の為にあり
一部の人間の為にない

つまり、アメリカは基地を諦めなければならない
諦めなければ日本政府に非民主的な暴力で強奪せよと命令しなければならない

投稿: ピース | 2011年3月 9日 (水) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51071000

この記事へのトラックバック一覧です: 井原すがこの活動:

« 前原外相辞任 | トップページ | 米国務省高官の発言 »