« 原発事故 | トップページ | 周防大島町の県議選に新たな動き? »

2011年3月16日 (水)

原発事故の教訓

 原発の状態は日々悪化しているようだ。
 すでに繰り返し報道されている「炉心溶融・メルトダウン」という最悪のシナリオも想定して、退避の範囲を広げるなど徹底した対策を取るべき。
 それにしても、数十万人の人がまちを捨てて非難するということは大変な事態である。
 今後、まちの再建をどうするのか、とてつもない難題が待ち受けている。

 国の政策と住民の安全安心をどのように調整するのか、長期的な視点で考える必要がある。
 岩国の基地問題や愛宕山問題も同じである。将来に向かって、誤りの無い判断をしなければならない。

人気ブログランキングへ

|

« 原発事故 | トップページ | 周防大島町の県議選に新たな動き? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「いまこそ原爆被爆者の声を聞くとき」

津波の被災地は一見原爆被爆直後の広島市長崎市市街地かと見まごうほどよく似ている。直後の人命の被害も同等に近いであろう。しかし両者の決定的違いは最初の瞬間的破壊を免れて生き残った者に対する治療不能克服不能の放射能汚染被害にある。アメリカの都合で作られた原爆の投下で、自分に全く責任なく放射能汚染を生身に浴びた広島長崎の被爆者ヒバクシャが、戦後日本社会で身体の病気だけでなくヒバクシャというだけで同胞からいわれなき差別を受け続けて苦しみ続けていることを、日本人は決して忘れてはならないと思う。

福島原発という完全に人為の人工物で起こった事故は隅から隅まで究極の人災ではあるが、今や人智で制御不能の巨大災害となった。
福島原発事故は津波被災地福島周辺をヒロシマナガサキとおなじ「被爆地」に変えてしまったのである。

いまこの天災+人災の巨大災害発生を受けて、日本人が決して繰り返してならない過ちというのは、広島長崎の「ヒバクシャ」が受けてきたと同じ苦しみをただの一人にでも味あわせることであると考える。

投稿: 通りがけ | 2011年3月17日 (木) 01時18分

いろいろくすんでいた人道的問題が浮き彫りに成りました
原発の状態に怯える人は劣化ウラン弾の被害を考えて欲しい

私は原発はこのまま収まっていくと読んでいます。山は週末から数日でしょう。今安心している方々にはつくづくがと言いたい。被災者を考えろ!

多くの民がそうだろうが、国際的な祈りと支援の念、また多くの民の同様の念の方が勝でしょう。

つまり「原発大丈夫かな」という被災者を考えない糞の願いのマイナスエネルギーより、被災者や死した人を祈る純粋な祈りのエネルギーが勝つだけです

投稿: ピース | 2011年3月17日 (木) 08時20分

--募金詐欺には気をつけましょう--

テレ朝のドラえもん募金の実績。
・スマトラ沖地震の時のドラえもん募金は約9000万円
 →テレ朝は82,260,300円を日本赤十字に寄付したと発表
 →日本赤十字社の報告書にはドラえもん募金(テレビ朝日、テレビ朝日福祉文化事業団)5000万円

・中越地震の時のドラえもん募金総額216,289,200円
→中越地震対策本部へ寄付された額1億円。

確実に中抜きしてますよ?

GACKTを看板としてハンゲームが震災の寄付金集めをしています。
これは要注意です。

※ご協力の際、ご注意下さい。

* ・振り込み手数料はご自身のご負担となります。ご了承下さい。
* ・一度、お振り込みいただいた後の返金は応じることが出来ません。
* ・領収書の発行は致しかねます。
* ・SHOW YOUR HEART第一弾の募金活動は、2011年3月31日までとさせていただきます。

※クレジットカードでの義援金参加については、現在検討中です。
ハンゲーム側が代理でハンゲームとして寄付を行うわけで、ハンゲーム側が控除を受けることも可能なのではないでしょうか?
http://ttensan.exblog.jp/

投稿: 22 | 2011年3月17日 (木) 11時08分

「現内閣行政マスゴミの危機管理は人間失格レベルである」

危機管理無能の菅官失格内閣。今すぐ辞めて誰でもいいから誰かに交代せよ!

福島原発周辺50~100km以内立ち入り禁止以外、すべての規制を撤廃して被災地へ燃料と食料と電気を、国の負担で無料ですべての国力を投入してトラック、ヘリ、貨車で24時間ピストン輸送せよ。

報道ヘリも輸送に使え!福島原発の上空取材以外は報道価値無し!

雪の降る厳寒の被災地に、無力な赤ん坊同然に衣食住交通のすべてを奪われた被災者をこれ以上放置すればみな死んでしまう。
生存者の命を守れ!

国会議員は直ちに倒閣せよ!


「被災地へ大量の人手と物資を迅速に」

菅内閣霞ヶ関NHK記者クラブマスゴミが口をそろえて地震被災地外の健常国民に対して「絶対やるな!」と禁止する事項こそ、被災地住民が最も切実に必要としている救援援助の手そのものなのである。被災地ではなによりも人手と物資が致命的に不足している。

健常地域から被災地救援を志すものは、少なくとも政府NHKの言う通りに規制を守って自制行動することは致命的手遅れを招き、結果として望む真の救援成功とは正反対の救援失敗という悲惨な結果を必ずもたらすことを心得て、迅速に自発的救援活動に入らねばならない。

投稿: 通りがけ | 2011年3月17日 (木) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51139469

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の教訓:

« 原発事故 | トップページ | 周防大島町の県議選に新たな動き? »