« 0304錦町へ | トップページ | 草の根臨時世話人会 »

2011年3月 5日 (土)

選挙の公正

 「病院や福祉施設の不在者投票所に行ってみたら、一人の候補者の名前しかなかった」
 「ベッドで寝ていると、特定の候補者の名前のみ見せて投票するよう言われ、仕方なく投票した」
 過去の岩国の選挙で、複数の方から実際に聞いた話である。

 このように不在者投票制度を悪用する行為が行われているとすれば、選挙の公正を根幹から突き崩す重大問題

である。
 これまで、不在者投票は外部の目が届かない密室で行われていたが、通常の投票所と同様に、選挙管理委員会

がきちんと管理し、チェック機能が働く仕組みづくりが必要である。

|

« 0304錦町へ | トップページ | 草の根臨時世話人会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当はチェックなんてやらない方が良いだけどね
しかし不平等なら仕方ない

しかしそもそも政治は市井の生活を円滑にするためにあった
いつからうすらでっかく成ったんだろう

まぁ万物は丸いみたいなので
巡り巡って身近な政治に戻って行くのでは

投稿: ピース | 2011年3月 6日 (日) 08時22分

前回の市長選が終わった後で噂では聞いていた、「まるでドラマ」とも話しした。

選管が知らないことはないはず。もし、知らなければ職務怠慢のそしりは免れず厳重処罰すべきだ。民主主義の根底を崩壊させるものだから。

選管は投票率の向上を常に口にするが、実効が見えない。公正な選挙がおこなえれば投票率は上がる。これまで「違反すれば法により罰せられる」という報道がされる。選管の目の届かない、それも弱者の立場での投票施設では訴えもままならない。

県議選も近い、まず記述されているような施設には選管の力で公正な選挙がおこなわれるよう、第3者の立会人を置くことかはじめるべきだ。選管の考えが聞きたい。

噂の施設については即、実態を調査し改善を図って欲しい。選挙管理者を施設とは無縁の人から選んで実施すべきでだと考える。

投稿: 清流 | 2011年3月 6日 (日) 08時33分

病院や介護施設での不正防止に加えて投票所での不正工作を防ぐためこれも再掲しましょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

総務省が管轄する選管職員による不正投票事件は全国で続々と明らかになっています。これは憲法に銘記された国民主権の正当な行使を不正な手段で妨害する公務員の憲法犯罪です。非常な重罪ですが、選管は投票箱から開票場の密室過程をいいことにほしいままに開票結果を操作することができるのです。

この役人の不正妨害行為から自分の一票という国民主権行使を合法的に守るためには、次の準備が必要となります。

1.投票用紙への記入は備え付けの鉛筆でではなく、必ず持ち込みの黒ボールペンで強い筆圧でできるだけ大きい文字で記入する。

2.白紙投票は絶対にしてはならない。必ず黒ボールペンで強く「なし」または「棄権」と大書して投票する。

これだけで開票までに票に不正な操作を加えることがなんびとにも不可能となります。

また、投票場現場で選管職員や役所の職員が有権者の黒ボールペンの使用を禁止制止することは、憲法の国民主権の正当な行使権規定に反する公務員職権濫用行為となりますから、制止してくる役人があれば誰何して記録しその記録を証拠として公務員職権濫用で警察に告発することができます。

参考:
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/02/post_1991.html#22313
>>上記ブログの名古屋市選管関係エントリー
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-894.html
etc

投稿: 通りがけ | 2011年3月 8日 (火) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51042667

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の公正:

« 0304錦町へ | トップページ | 草の根臨時世話人会 »