« 選挙準備 | トップページ | 自由で公正な選挙 »

2011年3月29日 (火)

厳しい闘い

 山口県議選がいよいよ4月1日に告示される。

 岩国地区では5人の定数に対して9人が名乗りを上げており、県下一の激戦となっている。保守系の一部の現職は確かに強いようであるが、他はきびしい戦いを続けている。
 新人である井原すがこも例外ではない。多くの人に会ってみて、ひしひしと感じる。

 デマなどに負けないで、ひたすら走りたい。

|

« 選挙準備 | トップページ | 自由で公正な選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>第2号炉のタービン建屋内にたまっている水の表面から発せられる放射線濃度は、1000mSv/hを超えている
(>>http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6716.html)

中性子線が検出されたということは2号炉がメルトダウンして臨界に達したということである。JCO臨界事故が数百倍の規模でふたたび日本に出現した。チェルノブイリと化した福島原発に近づく人はみな死んでしまう。今後の事故処理はすべて無人操縦の軍用ヘリコプターでモニター画面を見ながら行うべきである。ドライアイスの投下、ホウ酸冷却材の投下、鉛粒の投下などを行いまず中性子線を発する臨界反応をなんとか止めることに全力を傾注しなければならない。付近住民は最低限半径80kmの全員避難が必須であろう。これも国民の総力を挙げて住民避難を達成しなければならない喫緊の課題である。国は放射能安全基準を捏造変更している場合ではない。基準改変詐欺は重大な犯罪であり国際犯罪でもある。重大犯行の達成を防ぐために基準改変にかかわる者全員を即逮捕して収監すべきである。

被曝からの住民緊急避難については長周新聞の記事の原爆被爆者の声をおおいに聞くべきである。

最高裁裁判官は国民審査で全員罷免する。具体的には黒ボールペン持ち込み投票作戦を実行すればよい。国政選挙にも地方選挙にも住民投票にもおよそ投票があるときは必ずすべて「持ち込み黒ボールペンで白紙投票をせず必ずなにか書き込んで投票する」という国民主権行使を行えばよい。


直ちに国会を開いてまず
1.地位協定破棄緊急可決
2.内閣不信任案緊急可決
3.その場で首相選出選挙を行い震災対策危機管理内閣を即日組閣させ発足させる。緊急時につき天皇認証は省略。

以上をこの順で行う。1日でできることだ。

投稿: 通りがけ | 2011年3月30日 (水) 06時10分

名僧は迷走しても走り続けて出来るものかな
厳しい冬が無ければ春に新芽は吹かず

投稿: ピース | 2011年3月30日 (水) 13時03分

被災地の闘いのほうが厳しいと思います。頑張ってください!

投稿: 名なし | 2011年3月30日 (水) 17時42分

もう一度ニーナに触れよう
彼女は若くして死んだ
何歳かは失念したが
28歳~36歳の間だったと思う

それでも彼女は道を示し、道を残した

生きるとは何を残して死ぬかであろう
これにとらわれるまでもなく
今今を精一杯生きるだけである
志さえ有れば無限の可能性はある

投稿: ピース | 2011年3月30日 (水) 21時34分

志について述べると
よく大志=坂本竜馬と言われるが、彼の思想は現代に合っていないと思う
もっと大乗的であらねばならない
もっと世界的であらねばならない

あの時代はそれで良かったとは思う
吉田松陰の思想は時代には関係ない

しかしあの域にはなかなか行けない
よって自分が経験した事を活かし、今を精一杯生きれば良いと思う
志は無ければ成らず
枠にはめた志は力は無いと思う
今は世界を変えるくらいな志でないといけない
それを多くの方々が持てばきっと奇跡は起こる

投稿: ピース | 2011年3月31日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51251202

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい闘い:

« 選挙準備 | トップページ | 自由で公正な選挙 »