« 大震災 | トップページ | 原発事故 »

2011年3月14日 (月)

大震災(2)

 さらに、もう一基の原発が爆発した。
 枝野官房長官は、「原発本体は無事であり放射能被害は深刻なものではない。」という趣旨の前回と同じ説明

を行った。
 映像で見る限り、前回に比べて爆発の規模が大きく激しい。本当に大丈夫なのだろうか。
 住民が求めているのは、「情報」である。正確な情報を迅速に届けることが重要である。
 「真実を伝えれば住民がパニックになる」よく使われるいいわけであるが、逆である。事実を隠せば隠すほど

、住民の不安は高まり、一方で被害も拡大する。
 原発の現状と住民への影響について、きちんと説明し、それに応じた対応をしっかり取ることが大切である。
 

人気ブログランキングへ

|

« 大震災 | トップページ | 原発事故 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

人間が生きる上で大切な心構え

『天に恥じず 地に畏れなく生きること』

確かに情報公開をするのは勇気が居るでしょう。
「何事も起こらずに」という願いが事実と錯覚しがちで、問題をわざわざ増やさなくても
人は常にこちらに流されます

それを踏まえた上でも大切な何かが抜け落ちているのを感じます

投稿: ピース | 2011年3月15日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51122654

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災(2):

« 大震災 | トップページ | 原発事故 »