« 震災に負けないで!! | トップページ | 大震災に負けないで!! »

2011年3月26日 (土)

選挙が近づく

 4月1日の県議選の告示を控えて、後援会の活動も終盤に差し掛かった。
 各候補も、追い込みにかかり、熱が入ってきたようだ。
 最近は、決起大会や告示日を知らせる郵便なども届くようになった。
 その中で、特定の候補者から次のような宛名の封書が届き、目を見張った。

  「岩国市今津町ニ丁目の皆様へ」

 つまり、住所と氏名を特定せず今津町ニ丁目の全世帯を対象にしたもののようであるが、ということは、岩国市と和木町の十数万世帯全部に送付されたのであろうか。
 どんな方法を取ろうと自由であるが、一般常識的には、郵送に数百万円の経費をかけるのは無駄遣いとしか言いようがない。
 さらに、現在許されているのは後援会活動であり、全世帯に一律に文書を送付するのは、その後援会活動の域を超えているのではなかろうか。

 久し振りに黒島、端島、柱島の3島を訪問した。人々の変わらぬ温かさに感動。

0326
 
 

人気ブログランキングへ

|

« 震災に負けないで!! | トップページ | 大震災に負けないで!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日見知らぬおじさまと議論をした
投票の意味についてこう言っていた
「誰を選んだって同じだからと投票しないのはおかしい。無効票でも投票すれば自分の責任は放棄しない。投票率が低いので次点にならずに当選し、しめしめ思っているおっさん居るかも知れへん。投票して公約を守らない議員は次から外せば良い」
正論である

が、今は危機的状況である
次の選挙で選ばないでは次の選挙までは何も変わらない事を意味する

まともな社会なら正論で良い
勿論、当選した後も監視と導きと悪の道へ行かせない門番に市民が成れれば良いがどうであろう

おっちゃんは言った
「ガンジーさんのような聖人君子を求めても、無い物ねだりはだめだわ。今有るものでどうするかや」

正論である

しかし、求めな~産まれんで~

まぁ あのおっちゃんにまた会ってみたいが

言いたい事はこれだけ

投稿: ピース | 2011年3月27日 (日) 17時33分

直ちに震災復興緊急対策臨時国会を開け!

国会開かんなら国会議員全員の個人資産没収して被災者へ公平に分配しろ。

>辺野古浜 境界線工事
>>http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8093.html
米軍は災害支援といえるほどのことはなにもしていない。防衛局は米国の手先か?とっとと思いやり予算を凍結して震災復興支援へ回せ。直ちに国会を開いて地位協定破棄を緊急決議せよ!

投稿: 通りがけ | 2011年3月27日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/51225616

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙が近づく:

« 震災に負けないで!! | トップページ | 大震災に負けないで!! »