« 問責決議 | トップページ | 内閣改造 »

2011年1月12日 (水)

民主党両院議員総会

  民主党の両院議員総会が開かれ、菅さんに対する批判が続出したようだ。
 こうした場合によく使われる言葉が「挙党体制」である。
 一方は、小沢さんやそのグループを大切にししかるべく処遇しろという意味で

使う。
 他方、菅さんは、俺がトップなのだから俺の言う通りにしろという意味でこの

言葉を使っており、中身がまったく違う。まさに同床異夢というべき。
 旧政権の時代にも組閣の際にこの言葉がよく使われた。その意味するところは

、いわゆる派閥均衡人事をやれということ。
 政党とは、トップの下に一つのまとまり、理念と政策を実現し国民のために奉

仕するもの。派閥やグループ、有力者の力が強まれば、相対的にトップの力は弱

まり、理念や政策もあいまいになる。派閥などの力関係、国民の目に見えないと

ころで物事が決まり、政党の体をなさなくなる。

 明日は、党大会が開かれるとのこと。
 代表の下に一致団結する姿を見せて欲しいものだ。
 

人気ブログランキングへ

|

« 問責決議 | トップページ | 内閣改造 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何故同床異夢に陥るのか
どの組織もその危険はある
理念は個人から沸き起こるものであり、組織の理念と言われるものは個人個人が妥協して出来るものである
その妥協の仕方と動機に禍根を残すこともあろう

既にふたりは相容れないものとなっている
他人事だが、民主党が組織として機能する為には『第三の芽』が出来なければならない
誰かがふたりと異なる自分の理念を叩きつければ、また新しい流れが民主党に吹くだろう

つくづく大切なのは志と理念である

投稿: ピース | 2011年1月13日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50570668

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党両院議員総会:

« 問責決議 | トップページ | 内閣改造 »