« 玖西盆地 | トップページ | 後援会活動 »

2011年1月20日 (木)

人口減

 気になる新聞記事があった。
 2010年国勢調査の速報値によると、山口県の人口はこの5年間で約4万1

千人(2.8%)も減少し約145万人になり、中国5県で減少数は一番大きい

とのこと。岩国市は約5,800人(3.9%)減少し約14万4千人になり、

県下13市の中で2番目の減少数だという。
 人口が減るということは淋しいことである。
 まちを歩いていても高齢者が多く、特に周辺地域に行くと打ち捨てられた廃屋

が目立ち一人暮らしも多い。
 国づくり、まちづくりの理念を欠き目先の利を追い求めるような古い政治がも

たらしたものであろう。
 雇用や子育て、農林業対策など、いずれも難しい問題であるが、政治が本気で

取り組まなければならない。
 お金と引き換えに基地を拡大し、新たに愛宕山に米軍住宅をつくるなど、時代

の流れに逆行しまちの魅力を失う政策であり、人口減少に拍車をかけることにな

る。
 

人気ブログランキングへ

|

« 玖西盆地 | トップページ | 後援会活動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あしきもそう思います
政治家はもっと勉強すべき
その中から今の流れを変える理想を持った人が産まれると思います

『国際標準』を口にする人に限って、難しいこと面倒なことには目を向けていないと思います

ワールドワイドな視野を持てば経済一辺倒の考えは持てないでしょう

しがない私ですら、気になることは多すぎです

投稿: ピース | 2011年1月21日 (金) 02時21分

『一点鐘』という飲み屋がある
入ったことはないが
この看板に惹かれる

この世にふたつとない鐘の音の意味だろう

私は善人ではない
が、やはりこのような鐘の音でこの世を導いてくれ
誰もが健やかに暮らしていけたらとは思う

自我では悪人はこの枠に入らない
よって自我では一切が無いのだ

投稿: ピース | 2011年1月22日 (土) 00時56分

「国際化だ!」「国際標準だ!」などと言っている人は自分でものを考える事を放棄した人、と思っています。
「日本」「日本語」無くして国際的な人間になろうとしてはならない。
ドイツで日本人サラリーマンの評判の一部。
「彼はドイツ語も英語も話せるが日本のことを聞いても何も知らない。」

日本でも小学生から英語の授業がされる日が近い。
内田樹氏の言葉を借りれば文部科学省、経済界、政治家は下品な知性の持ち主である。

投稿: 22 | 2011年1月22日 (土) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50641597

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減:

« 玖西盆地 | トップページ | 後援会活動 »