« 情報発信 | トップページ | 初めての朝立ち »

2011年1月16日 (日)

情報発信(2)

 今流行っているツイッターもすでに始めてはいるが、まだまだその機能が十分にわからず、あまり活用できていない。
 同じ興味や関心を持つ多くの人と新しいつながりを持つことができる、これも画期的な仕組みである。
 浅く広く、気軽に新しい仲間をつくることができるかもしれないので、活用いかんによっては大きな可能性を秘めているようにも思える。
 この機会に、積極的にツイート、つぶやいて、どんな反応が返ってくるか、試してみたい。

 今朝は厳しい冷え込み。我が家の前の道も凍りつくほどで、行きかう車もまばら。しかし、貴重な日曜日を無駄にすることはできない。降りしきる雪の中、郊外に挨拶回りに出かける。
 そこで見つけた可愛い雪だるまを二つ紹介する。
 右側は、立派なひげを生やしたお爺さんの雪だるま。

0116sekido2 0116sekido1

人気ブログランキングへ

|

« 情報発信 | トップページ | 初めての朝立ち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おっいかすね

投稿: ピース | 2011年1月17日 (月) 04時12分

マインドコントロール 池田整冶著 お勧め本です。

70年代に日中国交正常化の直後、中国政府は圧倒的なまでに引き離されていた日本との国力の差に気づき慄然としました
その直後から中国による日本国内のに対する工作活動が始まりました。
中国がもっとも畏れていたのは、日本が東アジアで影響力を強化し、そして台湾の庇護者となることでした。
それを避けるために行ったのが、軍備を徹底的に否定し、ナショナリズムを嫌悪し
日本は中国に贖罪を続けねば国際社会の一員になれないとの、空虚なファンタジーを日本国民に植え付ける事でした
これは最近公開されたCIAの報告書にも書かれていることだから、私の妄想ではなく事実でした。
そして同じように日本がアジアでの影響力を強める事を警戒していた、韓国や北朝鮮そして米ソの思惑と一致したのでしょう。
アメリカもこれらの中国の工作活動を知りながら黙認したばかりか煽ることもありました。
八十年代の終わりから九十年代の初めまで席巻した自虐論はこうして定着したのです。

投稿: ピピ | 2011年1月17日 (月) 04時14分

ひとつ気になる言葉が有りましたので、老婆心ながら申し上げたく候
そもそも人間の個なるものは独立していて、その心情は一致しませんし、支配もされません
この大前提の上で共通項をみつけなければ成りますまい
その共通項は質においても空間においても自然発展すべきものでございます
私はまだそれを見つけては居ません
従って生涯を通じて見つける所存でございます
今私の心情を記しましたが、何かしらの参考になりましたら幸いでございます

投稿: ピース | 2011年1月17日 (月) 05時40分

ついでに言っておきますと
某団体の事をあなたに明かすのは日本最大の宗教団体であるが任意団体であるこの団体の信者が周りに与える悪影響とその本質に彼等が全く気付いていない現実!善人だと思っているかも
この原因を考えて欲しい事がひとつ
もうひとつは私は善人ではないと己を戒めるためです

私はそもそも善人は居ないと思います
善なるものは時と状況で変わるなら、その瞬間瞬間において善を行う!恒常的な善人は居ない
ガンジーにしても恒常的に刹那の善を行っていただけだと

この刹那の善を私は体得したいと思う所存でありにけりに候

投稿: ピース | 2011年1月17日 (月) 18時52分

これはあなた達に対するコメントではない
何故かインターネットを介して投稿する内容がタイムリーに流出している
それに振り回されている野次馬達に言いたい

私が述べているのは
あなた達の精神世界が澄み切らないのが問題だと言っている
その為視野が狭まっている
情報操作はこれ故起こる

私は他人を気にする無駄に気付き、私は己の精神世界を清める事に集中する
と言っている

すいません
あなた達には意味のない投稿をしてしまいました

投稿: ピース | 2011年1月17日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50607187

この記事へのトラックバック一覧です: 情報発信(2):

« 情報発信 | トップページ | 初めての朝立ち »