« 父のこと(2) | トップページ | 草の根の運動 »

2010年12月23日 (木)

古い街並み

  錦帯橋界隈の古い街並みを歩いた。
 歯が抜けるように、古い商家や民家が次々に無くなっていく。
 ある商店主いわく「まちづくりの理念がない」
 その通りである。守るべきものはきちんと守っていかなければ、早晩、取り返しのつかないことになる。 

 岩国の魅力は、何といっても錦帯橋であり、これを中心に広がる古い街並み、そこに醸し出される歴史と文化の香りである。基地は、決してまちの顔にはならないし、基地強化が進めば進む程、まちの本来の魅力は失われ衰退していく。
 目先の利で大切な土地を基地に売り渡すなど愚かなことである。

 昔懐かしい風情のある駄菓子屋さん。「この店大好き!」と言いながらお菓子を選ぶ子供たち。
1223

 

人気ブログランキングへ

|

« 父のこと(2) | トップページ | 草の根の運動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この件に対しては異論有りです!
この問題はなにも『基地の街』となるからではなく、全ての街に言えることです。
全ての街に言えることです。

古き良きものが勢い良く失われていく。
今の八十歳の人と四十代の人、三十代の人、二十代の人、十代の人と同じ町に住んでいてもその風景は全く異なるのではないでしょうか!

言論の自由で言わせて頂ければ、この問題を政治的領域で改善出来るでしょうか!
ともすれば「それが世の中だ!お前の考えがおかしい」と言われかねない。
けど、この問題は本当に深いものを含んでいます。

頭で考えられる問題でもないと思う。

今日はクリスマスイブ!
思いっきり祈ってやるぜ!

投稿: ピース | 2010年12月25日 (土) 00時38分

錦帯橋周辺の景色が変わってゆくのが自分もイヤでイヤでしょうがないです。道幅拡張工事なんかしなくてよかったのに… 安全がどうのこうの言うのなら車が必然的にスピードを落とす様に取り締まりを強化する等、形や風景を変える必要はなかったと思います。 錦川のあちこちも、訳の分からない公共工事の為にダンプカーがたくさん走ってて鬱陶しくてしょうがないです。 この様な国作りをしてきたから、経済格差が激しくなり、文化的にも面白みの無い国になってしまった事が、まだ分からない人達があまりに多過ぎます。 文化を失えば失うほどこの国未来は暗くなっていく一方だと思います。 土建屋に飯を食わせる為に税金払ってるんじゃねえ!と言いたいです。

投稿: 健世介六 | 2010年12月25日 (土) 10時56分

 時々ブログを拝見しております。残念ながら、もはや錦帯橋周辺には世界遺産に推薦されるほどの町並みは残っていませんね。長期ビジョンの欠如がこのような結果をもたらしてしまったのでしょう。今回、岩国検定発足のお手伝いをしたのですが、市も議員も観光行政いずれの部署も、自らの課題として本気で町興しを考えているようには見えませんでした。市民度と併せ、隣の周南市とはえらい違いを感じた次第です。

投稿: フーチャン | 2010年12月25日 (土) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50381856

この記事へのトラックバック一覧です: 古い街並み:

« 父のこと(2) | トップページ | 草の根の運動 »